スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

The Elder Scrolls V Skyrimの最新情報!

 ずっとこの瞬間を待ってました。E3にて発表された最新情報をお送りしたいと思います。残念ながら英語が私は出来ないので、かなり不正確な内容になるかとは思いますが、ニコニコ動画に動画上がった際は、そちらを御覧ください(´Д⊂グスン
一発目!

 さて、まず動画はいきなりブルーマに飛ばされた感のある風景が出ています(笑)
 まず一発目に申し上げておきたい部分は、前作のTES4はアクション面でとても養護できるようなものではなく、どちらかと言えばクソゲーレベルのアクション性だったと思います。とくにモーションなどがそうですね。でもあの作品はそんなデビル・メイ・クライをやっているわけじゃないんだから関係ないよ! と言えたと思いますが……すでにそれらアクションも前作よりは進化しています。これは画像では伝わらないので実際動画を観て頂いたほうがいいと思います。

 片手魔法?

 それとこれは英語が聞き取れないので不正確を承知で申し上げますと、この後にも詳しい部分があるのですが、今回は魔法に限らず”片手”と”両手”という概念が強いのかなと感じました。というのも今回の画像は片手で魔法を唱えていますが、その後の動画では両手の魔法になり、それらを合体させて強力な一撃になるみたいなことを言っていました(動画中ではパワフルバージョンと語っております)。

雪山

 今度もさすが今回は雪国が舞台だけあってこういった吹雪のシーンなどの雪国を意識するようなステージは多そうですね。その中でこのシーン中に語っているのはダンジョン数は150以上? ではないかと思います。

お馴染みの? 闇討ちです(笑)

 さて、お馴染みのシャドーハイチュウ(By森永)ではなく、闇討ちのシーンです。分かりづらいかと思いますが、しゃがんで3人称視点から1人称視点に移った瞬間の画像です。正面やや右側に一人立っていると思いますが、動画中では話し声が聞こえますね。この後は闇討ちに成功し、二名とも泉下の人となりました(笑)

二刀流
 次は二刀流の動画部分です。今度は一転して闇討ち動画から白兵戦へと移りますが、敵は縦を装備しているようですが、こちらは二刀流となっています。前作のとのつながり方が分からないのでなんとも言えませんが、この緑色の剣は……前作でも出てきたような感じですね(デザインは変わっても素材は一緒かもしれませんね)

巨人とマンモス?
 今度は2chのスレでも書いている方がおりましたが、巨人のシーンです。今回はドラゴンといい巨大な何かと戦う機会が多いのかなと思います。たしか前作のTES4でも巨大生物を作った方はおりましたが、たしか一部はなんだったか忘れましたが不具合といいますか、おそらくはそもそもそういうことをシステムが想定していない故のふぐあいだったのかなと思いました。が、詳細は存じ上げません(笑)でもこの巨人、遠近法が幾ばくかあったとしても……奥の木と同じくらいとなると、普通にとんでもない大きさになりますよね……。出来れば戦いたくはないですね……。

 ドラゴン登場!
 ちょっと分かりづらいかと思いますが、これは先程の巨人との戦闘のあとの画像になります。実はさっきの巨人と戦うことになり(あとマンモスとも(笑))、その途中でドラゴンが空中から巨人を捕まえて空中で放り投げた瞬間です。面白いのは空中で自由落下する巨人の姿でもあるんですが、加えて血飛沫がカメラ(視界?)に付いているんですよね。これは結構リアリティーを演出するということであれば良い演出なのかなと感じます(ちなみに巨人は見づらいですが、ドラゴンの右翼にかぶる形でおります)。

 さて記事も長くなりましたので、今回は一端ここで区切ります。この後ついに(開発者曰くビッグボスバトル?)ドラゴンとの戦闘になります。前作でもコンパニオンはストーリー上付いてきましたが、本戦闘でも弓兵が一人加勢に加わっています(巨人戦でもいたのかな)。ドラゴン戦は律儀に地上にずっといてくれるようなシロモノではなく、やはり空を飛びながら戦い、時に地上に降りて来るなどの動作が垣間見えました。今回は前作のように(MOD作成に勤しんだ方にはより覚えのある)自分のレベルに連動して周りが強くなっていくというシステムから一変しました。勝てない的には勝てないという内容が、TESユーザーに受け入れられるのかは分かりません。ただたしかFalloutはそのシステムを取ってますよね?(やってないので分かりませんが、そんな話を聞きました)。

 次回もドラゴンバトルを中心に記事を書いてみようと思いますヽ(´ー`)ノ

 ブログランキングに参加してみました。もし宜しければクリックお願いします。
 
スポンサーサイト
category
The Elder Scrolls V
genre
ゲーム
theme
ゲーム

Comment

Trackback

http://charanporarism.blog116.fc2.com/tb.php/87-b681fc18

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。