スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

【PCゲーム】SPOREをちょっと買ってみた

 さすがはウィル・ライト氏……私が敬愛してやまない方ですが、やってくれました(笑)
 生物の進化にスポットをあてるというのは、私も結構ゲームを作るとしたらのIFとしては良く考えます。私が求めるゲームの大半が、カオスな展開が期待できるというシミュレーション的なゲームなので、生命の進化をテーマとして選択するのはまったく普通の話でした。しかしウィル・ライト氏は2008年に一つの答えとして本作を世に出しました。

 個人的な感想と一部のユーザーの感想になりますが、やることが短調な事などを踏まえて比較的飽きやすいと思います。アクセントが足りないのか? 違うと思います。おそらくはシムシティーもそうですが、基本的にウィル・ライトさんのゲームは根っこがシンプルなんですよね、そのためやることがある程度ひとつの行動を拡大するというのがゲームのメインになっているような気がします。個人的にはもう少し複雑さがあっても良かったと思います。

 さて、今回このゲームを遊んでみて再確認したのは、私が一度作ってみたいと思ったゲームは、生命の進化をシミュレートするだけのゲームだったのかなということですね。ようはユーザーがゲームの中で起きていることに対してどの程度まで介入するのか、出来るのかという話をしたときに、ライト氏は100%に対して私の頭の中にあったものは0ではないにせよ、対極ではあったかなと思います。一つ宇宙をシミュレートするゲームが最近Steamでディスカウントされていましたが、あの手のゲームである以上は少なからずオートメーションな部分は多くなるだろうなと思います。

 どちらが楽しいのかは人それぞれですが、進化の過程を楽しんで追体験させた本作は非常に興味深い作品でしたね。尚、グラフィックは結構綺麗ですし、操作性も悪くはないと思います。スキルなどの概念もシンプルで、おまけに姿形によって(正確には付ける部品によって)その生命体がどのような攻撃方法、コミュニケーション方法が取れるのかなどが決するので、ここらへんも結構面白いなと思ったところです。
 ちなみにこのゲーム、古いこともあってかお値段約1,700円……。お得だと思いませんか?(笑)
スポンサーサイト
category
PCゲーム関連
genre
ゲーム
theme
PCゲー

Comment

Trackback

http://charanporarism.blog116.fc2.com/tb.php/74-479008f2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。