スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

友達がいるのに孤独という言葉

 なんか切なくなりますね。秋葉原の事件の被告が語ったようですが、みなさんはどうですか?
 私にはなんとなくわかる気がします。

 私も友人は多くはありませんがそれなりにはいます。しかし本当にこれから命をかけてなにかに挑もうとするとき、その友人たちを見て心底彼ら彼女らなら背中を任せられると思えるかといえば、答えはなんとなくのNoです。これは私が根本的に人を信用できず、他者を本質的に受け入れたりできないからなのかなと思ってはいます。

 友人がいてもなんとなく孤独。たぶん加藤被告と私では根っこの部分が違うとは思いますが、なんとなく感じているものは一緒の気がして切なくなりましたね。大勢の中で孤独を感じるよりも、ひとりでいて孤独を感じる方がマシ。どこかで聞いた言葉ですが、表面的な友人ばかりが周りにいると思うと、先程の言葉が重くのしかかってきますね。私も実はいつかは起業したいと思っています。そのために退社しようとも思っています。

 でも。周りに表面的な友人しかいないとか自分を作って生き続けるようなことがあっては、そういう事はできないんですよね。私は幸いおそらくは加藤被告ほどそんなことは思っていませんので大丈夫だと思いますが、そう思う自分ができ始めたら……危ないですねw


 暗い話でしたが、ひとつ考えてみると結構面白いかもしれません。
スポンサーサイト
category
日記
genre
ゲーム
theme
PSP

Comment

Trackback

http://charanporarism.blog116.fc2.com/tb.php/7-febeb204

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。