スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

久しぶりにネクタイを巻いた件

 履歴書用の写真を撮るために写真を取ってきたのですが、久しぶりにネクタイを巻くこととなりました。


 (〃´・ω・`)下手になりすぎワロタw


 そんな話。
 ネクタイには結構いろいろなやり方があって、たぶん私が一番良く見かけるのはプレーンノットじゃないかと思いますね。基本中の基本とも言われますが、何より簡単。というかこの結び方は基本中の基本なので、この形から派生していくような感じで色々な結び方を覚える感じでもありますよね。

 私がちなみによく使うのはウィンザーノットで、これはかの有名なエドワード8世がうんたらかんたらとよく語られる結び目なんですが、ご本人は関連性を否定しているようですね(笑)まぁいずれにせよこの手の絡みからブリティッシュスタイルな装いの時はした方がいいよなんてことも聞くので、私は欧米で言えば”欧”が好きなので、ここらへんの変なブランド的な意味でこれを愛用しています。


 ただこの結び目は結構あれで、まず厚手のネクタイには合いませんね。もともとこのウィンザーノットは”ノット”と呼ばれる部分、三角形の部分が大きくなります。これはこの結び目のやり方をご存知のかたは、だよねと思われるかと思いますが、とにかく工程が多く何回も重ねるような形になるため非常に厚みが出ます(とはプレーンノットに比べてですが)。よって厚みのあるネクタイだと厚みが出すぎて困ったちゃんになりますね(笑)あとは前述の通り工程数が多いのでなれないと”まず何をやっているのか分からない”という難解さ、時間がかかってしまうというプレーンノットとは対局に位置します。


 しかしノットが大きく見た目的にボリューム感があるのが好きなので私は常用しています。ネクタイは利便性を含めて見た目だけじゃなく選ぶのがいいとは思いますが、結構色々あるので皆さんも色々試してみてはいかがでしょう。


 ブログランキングに参加していますヽ(´ー`)ノ よろしければクリックお願いします → 
スポンサーサイト
category
日記
genre
日記
theme
日記

Comment

Trackback

http://charanporarism.blog116.fc2.com/tb.php/387-22bb9168

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。