スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

急上昇キーワードで気になったもの 嫁のメシがまずい

 私が聞いてきた、見てきた、体験してきた中で共通するメシマズ嫁の特徴的なものでも書いてみますね。
 いろいろありますが、根本的に改善が見られないタイプとみられるタイプがありますね(笑)

 まず基本的に家事の類は家庭生活を維持することが目的なので、恩着せがましくお前のためにみたいな感じはいらないんですよね。ただ私が今まで色々聞かせていただいた話を総合すると、やっぱりこの辺で結構判断できるところは大きいかもと思うところはありますね。特に恩着せがましい態度の裏には、本来ならやりたくない感情が見え隠れするわけです。そうなると本来は自分は関わりたくないと姿勢の方と自分からあの人にはこうしてあげたいみたいな市井の人との間に存在する差は皆さんも分かるとは思います。


 例えばこういうタイプは当然ながら工夫しません。イヤイヤやっている人が仕事でも家庭でも工夫している姿を見たことはありませんし、ありえないとも思えます。与えられたことをとりあえずやる、これがその手の方々の行動形態じゃないでしょうか。で、それが結局メシマズにつながっていくんですよね。最初から美味しければいいかもしれませんが、まずいとなれば一生マズイかもしれない。さらにイヤイヤやっている+他人のために特別やってんだよ感がコンボとなるためか、指摘すると不機嫌になる、ストライキに走ったりする(笑)こうなると手が付けられないのは、そもそも放棄した側からすれば悪いのはお前のためにやってんのに文句言うお前だ! となっていること。もちろん程度の問題でもあるでしょう。しかしメシマズ嫁と言われる方に、この手のタイプが多いのも私の経験則内では事実でしたね。

 工夫もない、相手に対する奉仕の精神もない、反省の態度もないとなれば……これは家事に対してのみならず普通に仕事の現場でも当てはめれば”あー、こういう奴はいらないわ”と思うと思うんですよね。結局仕事もそうですし家庭もそうだと思うですけど、相互扶助の場所に相手と自分の損得とかはまず横に置いて、まず全体がどうなれば良くなると思う? という姿勢から始まるとは思いますね。もちろん馬鹿正直にそれを本当にそうしてしますとバカをみますけど、ひとつ理想論としてはそれがまずあると思います。



 人間なので完璧に行く事はないとは思いますが、まずはメシマズな方には腐る前に自分のどこが良くないのかを考えていただきたいですね。私が20くらいの若造の頃に上司に言われた言葉は”お前は腐ることがないという誰もが持っているわけじゃない最大の武器がある。腐ったら終わり、成長しない”でした。たしかに周りでは不貞腐れて成長しない連中を横目で見てきましたけど、これはやはり大事ですね。料理でも家庭でも仕事でも。


 ブログランキングに参加していますヽ(´ー`)ノ よろしければクリックお願いします → 
スポンサーサイト
category
日記
genre
日記
theme
日記

Comment

Trackback

http://charanporarism.blog116.fc2.com/tb.php/385-1787e70e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。