スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

Iron Front: Liberation 1944 のレビュー Part1

 このゲームはArmA2のエンジンを利用して作られた、1944年の独ソ戦(第二次世界大戦の一戦線)を舞台にしています。あまり中身のあるレビューじゃないですけど、よろしればどぞ。
 まず最初に書きたい内容は、かなり燃えますねw


 私がやったのは最初のキャンペーン一番上のミッションで、ドイツ兵として新兵養成所に送り込まれて、各種兵器の扱いを覚えるところです。全体的に目につくのはグラフィックの美しさがなによりも凄かったですね。ちょっと設定のせいなのかポリゴンの線が出まくったり、グラが化けたりとおかしかったんですが、設定をいじったら直りました。あとはサウンド関係も素晴らしく、ブートキャンプで練習している間中、周りでは対戦車砲? やライフルの実弾演習が行われており自分だけじゃないかんが何よりも良かったですね。ここらへんは作りとしての良さが出ていますね。ただ若干キャラの動きがぎこちないというか、ここらへんはどうかなと思いますね。

 武器は結構普通に揃っていて、訓練ではひと通りドイツ軍の歩兵用火器は触らせてもらえましたね。MG42のフルバーストは1秒も打つこと無くあさっての方向に銃口が起き上がりますね(笑)これは期待大です。


 最後に。ウインドウモードで遊べるのかが気になる人向けの情報です。結論から言えば大丈夫です。やり方は完璧にこれとはわからないんですが一応ご紹介しておきます。

 まずゲームをインストールした際に出来るであろうショートカットのプロパティを開きます。そこでクライアントのパスが書かれていると思いますが、そこに必要なコマンドを追記していきます(今回はウィンドウ化ですが)

 "C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\ironfront\ironfront.exe" -nosplash -window -x=1200 -y=900

 例えばこんな感じになると思います。まず””で囲まれた部分がパスですね。その後に半角スペースを入れて、-windowと入れればたぶん行けます。あとは800x600の小さな画面で起動すると思いますが、あとはその画面の淵の部分をクリックしてドラッグすれば拡大すると思います。私は赤字の部分も書いていますが、もしかすると要らないかもしれないですね(いるかもしれないですがw)。あともう一つコマンドが書いていますが、これはOP飛ばしです。


 システムがArmA2なのでこちらのサイトが参考になるかもしれないです。それでは皆さんにも良き独ソ戦ライフが来ますようにヽ(´ー`)ノ


 (。◚ˇωˇ◚。)ウラー!!!


 ブログランキングに参加していますヽ(´ー`)ノ よろしければクリックお願いします → 
スポンサーサイト
category
PCゲーム関連
genre
ゲーム
theme
PCゲー

Comment

Trackback

http://charanporarism.blog116.fc2.com/tb.php/359-99abc260

まとめtyaiました【Iron Front: Liberation 1944 のレビュー Part1】

 このゲームはArmA2のエンジンを利用して作られた、1944年の独ソ戦(第二次世界大戦の一戦線)を舞台にしています。あまり中身のあるレビューじゃないですけど、よろしればどぞ。
  • 2012⁄05⁄26(土)
  • 07:03
  • まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。