スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

【Diablo3】とりあえずナイトメアまで進めてみた件

 ハック・アンド・スラッシュなのでプレイの内容的なことは書くこともないだろうと思っていましたが、とりあえずビルド的な話と簡単な満足したかどうかの記事にしてみますね。
 まず満足度に関しては十分といった具合ですね。生放送でたまに湧くんですが……

 「海外は相当不評と聞いていますが」

 「クソゲ?」


 などと何をしたいのか分からない方がたまにいますが、私は満足しています。個人的にこの手の質問をしてくる程度の方は話とか会話ができない人なので気にしていませんが、何を聞きたいのか明確にできないのは将来に渡って齟齬が生じることだけは明記しておこうと思いますw あとは多いのは日本語版の話でしょうね。すぐ調べれば出てくる内容にもかかわらず、結構頻出しますね。

 さてそんな程度の低い話はさておいて、個人的に幾つか気になった点を書いてみようと思います。まず私が今までプレイしてきたゲームと異なり、このゲームは最初の難易度ノーマルはチュートリアル、練習と称されるだけあってたしかに簡単です。しかし困ったのはノーマルをクリアしないと次のナイトメアには進めません。ここはちょっと不満というか、耐性が無い点でしたね(良い悪いの問題ではなく、RPGである以上は当然といえば当然の仕組みだとは思います)。あとは3Dゲーばかりをしていたせいか、キャラの装備が変わった時などにじっくり眺めてみたいなと思うのですが……残念ながらズーム機能はあるもののじっくりは見えませんね。ここらへんはキャラ選択画面のところで見るほうがいいとは思いますが、いちいち装備した状態を確認するためにそこまで戻っていられるかというのが本音で、ここらへんは3Dゲーばかりしていたからそう思うのだと思いますが非常に不満ですね。


 逆にいい意味で気になった点は、やはり2Dゲーならではの”画質”ではなく”画”の美しさですね。イラスト的、絵画的な美しさはやはり昨今の3Dゲー主体のゲームがあふれる中では異彩を放っています。もちろんサウンドもそれをよく補完しており、本当に完成度は高いですね。ゲーム的には2は複雑にしすぎたので3はシンプルにしたけど、そのかわり拘れるとこはこだわったよという開発者? の発言通り、画的な意味では本当に美しくなりましたね。あとはここは本当にその必要があったのかという点ではどうかわかりませんが、ムービーのクォリティが恐ろしく上がっています。特に肌の質感(シワや皮膚のリアル感、)がとんでもなくいいですね。眼球の潤いまで感じそうなくらい恐ろしい出来でした。ただここはゲームの一部としてみていいのか、それとも昨今の某社のようにゲームないがしろでとりあえず綺麗な動画ばかり作っていることと重なるのか……ゲーム自体がしっかりしていれば動画もしっかりしているとして見れるとは思いますが(某社は動画だけなので困りますね)。


 というわけで全体的には問題無いとは思いますね。あとはハック・アンド・スラッシュに触れるユーザーがそのジャンルに向いているかで評価が変わるんじゃないかと思います(嫌いなヒトはとことん嫌いそうな気がしますが)。


 さて次はビルド編です。私はウィッチドクターを使っていますが、こちらは中距離向けの職業といった具合ですね。とはいえ最近は若干近接になりそうな気がしていましたが(笑)

 私のビルドの変遷は序盤はGrasp of the Deadを使って足を遅くして遠距離、中距離からの攻撃で仕留めるパターンでしたね。その後はいろいろ試行錯誤しましたがパッシブスキルの充実で以下のようなビルドになりました(このビルドはWikiに掲載されているビルドと根本的には同一のものです)



 まず基本戦略はVision Questという4つ以上のスキルがCT状態(クールタイム)になっている時にMPの自動回復、自然回復値が3倍になるパッシブスキルを中心軸に据えています。これで一定条件かで猛烈なMPリジェネを得ることになりますので、(基本的には無理なんですがw)MPを気にすること無くスキルを連発できるという特徴があります。

 そこで私が選んだのは

 ・Grasp of the Dead(範囲系鈍足効果)
 ・Soul Harvest(攻撃力増強系、範囲鈍足)
 ・Hex(一定時間、敵を無力化)
 ・GargantuanとSummon Zombie Dogs (ともに壁役のサモン、召喚)

 ・Zombie Charger(主力攻撃スキル)


 上の5つはすべてCTが存在するスキルです。長短こそありますが、組み合わせればほぼずっとCT状態になっていられますね。そして攻撃用スキルは一つだけですが、これは非常に強力なスキルなので使っています。ただこちらのゾンビーチャージャーに関しては43? だったかの火炎状態の爆発犬に変更できるパーク? をとってからでもいいとは思いますね(それ以前はAcid Cloudが無難、超範囲でもいけますしね。ただ単体には弱いかもしれない)。


 戦い方はサモンを繰り出してCT2個確保、その後敵陣に突っ込みソウルハーベストで攻撃力増強、Hexで敵の一部を鶏に変えながら戦闘していきます。これで4個のCTを確保できますが、この状態でゾンビーチャージでもって殴りこんでいきます。もともとこのスキルは攻撃力が高めなので主力として申し分ないとは思います。範囲に関しては序盤の状態ではあまり望めませんが、爆発するスキルをつけてやれば範囲もカバーできます。


 ここでいくつかの疑問点? が出ますが、CT状態は長いスキルのほうがいいのかという点ですね。この戦い方の基本はCTの状態の管理とMPの管理です。MPの自動回復が使用量を完全に上回るのは結構難しいとは思います。その反面CT時間の管理は長いスキルを使ってしまえばしばらくは気にしなくてもいいという状態は作れます。これは解決できる問題として存在しているので解決したほうがいいのかなと思うところはあります。しかし私はこう考えてそうしていません。それはCT状態はたしかに自分に対してリジェネ3倍を与えてくれる存在ですが、同時に自分の切れるカードを拘束するという側面もあります。たしかに鈍足系のスキルで時間は稼げますが、CT時間が長いスキルをカバーできるほどの時間を持ったスキルはなかったと思います。よって私は混乱などを引き起こすMass Confusionなども興味がありましたが、CT60秒という長さを嫌って選択していません。
 基本的には長いスキルと短いスキルを組み合わせて、気にしなければならないスキルを少なくすることで管理面では楽にしています。幸いなことにHexとソウルハーベストはどちらも良スキルなのでかなり重宝しています。



 ということで今回はここまでになります。たぶんこのビルドも変更を加えるとは思いますが、現状では結構使えていますのでこれで行くかもしれないですね。


 ブログランキングに参加していますヽ(´ー`)ノ よろしければクリックお願いします → 
スポンサーサイト
category
Diablo3
genre
ゲーム
theme
PCゲー

Comment

Trackback

http://charanporarism.blog116.fc2.com/tb.php/354-a3827da4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。