スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

日本人が「そんなに儲かってないのに、なぜか有休も取れず長時間労働」のワケを読んだ

 これはなかなか面白かったですね。ただこれに関する記事なら他にも沢山ありますので、別に他の記事でもいいんですけどね。
 結局のところ、日本人が自分で考えて自分で結論にたどり着いたり、自分でリスクを飲み込んだりすることが出来ない、またはしたくないという方が多いというところに問題がありますよね。


 ただこういう人もいます。リスクなんて好んで負う人なんていないでしょ? と。いえいえ、いますよ。普通にね、といいたい。リスクはたしかにそのままだったら誰も負いたくはないでしょう。それはそうですよね、マイナスだけを負わされたら誰だって辟易します。しかしリスクの先に利益があるから負うわけです。話を戻しますが、この手の方は基本的にリスクの負い方、リスクの計算ができずにいる方だったりするんですよね。もしくは計算するのがめんどーいみたいな人。だからリスクが絡んだ瞬間に脊髄反射的にNOという反応を示したりするわけですけど。

 さらに問題なのは自分で考えることを放棄して管理社会に飛び込んでいくわけですが、自分の役割とかまで忘れてただ機械的に動いているから、自分のやっていることが何のためか? という事が分かっていないことも多いですね。そのため自分の仕事に問題があるかとか、なにか改善すべき点はあるのかとか、始末におえない話ですがなぜこれはこのようにするのかという点に目が行かず、結局の話は正社員じゃなくてもいいよね? 的な事が普通に起きるんですよね。私は常々、正規の社員は企業にとって重要な基幹部品であると言っています。それは企業にとって労働力は安価な方がいいですが、企業を本当の意味で成長させるのは労働力ではなく有機的な正規社員です。即ち今の日本の上記のような典型的な社員は、はっきり言えばバイト程度の労働力です。であれば、企業が正規社員の給与を下げる理由も、この面だけで判断するなら妥当と言えます。


 さて、では管理社会を止めて自己管理型の社会にすればいいのかと言えば、それは中学生の理論ですね(ようは極論)。個人的には管理社会の程度は弱める必要がありますが、今直ぐ辞める必要はないと思います。正確に言えば辞める場合は結構ひどい目にあうんじゃないかってことですね。


 例えば日本に成果主義が導入されましたね。あの結果はどうだったでしょうか? 成果主義というのは重要なパーツが存在します。それは評価システムです。評価システムが不健全な日本社会に成果主義はむしろ毒だったわけです。日本の評価システムは基本的に村社会における人付き合いの良し悪しであり、現実に存在している利益などではないんですね。そして同時にその評価システムを支えるはずの基準も曖昧だったり、存在していない場合も多いのです。例えば某社になりますが、成果主義を全面に押し出し、会社に利益をもたらさない人間や意識の低い人間は一生平社員で給与も変わりませんと言い放っていました。


 しかしながら現実的には役職に付いている人間は、社長のお気に入りと言う名の腰巾着で、利益的な話で言えば当然権限が与えられている人間なので出しやすく、その人間が作り上げた管理社会で下位の人間は踊っているに過ぎません。ちなみに私が突き当たり生み出した数百万の利益も、彼らの成績に反映されています。ついでに言うと役員会に参加できる幹部クラスの人間の人選も”成果による”はずが、基本的には社長の鶴の一言に依存している上にその任に不適合であるかどうかは民主的な投票(笑)によるとしています。


 成果主義であればまず企業に与えた利益の大きさや、その利益の総額や継続期間などを吟味すべきでしょう。人間関係は組織内調和のためには必要なファクターであることは間違いないでしょう、それは私も同感です。しかしその割合を鑑みるとどう見ても利益よりも人間関係であり、利益を評価する機能はない場合が多かったと思います。

 よってひどい目にあうという部分のひとつとして、日本の会社に基本的な健全な評価システムが無い以上は、成果主義や自己管理型の企業体になるのは無理だと思います。もし強行すれば、自己責任を大いに利用した無理なスケジュールや無理な成績の強要が生まれ、最終的には出来ないのはお前のせいという一方的なパワハラまがいの行為が罷り通るだけだと思います。


 つらつら惟んみるに、ではないですが……(笑)常々思うこととして、日本の場合は儒教的な上と下の概念が強すぎるのだと思うんですよね。強いのはいいんですよ、強い事自体は。しかしそれは時と場合だったり、場所をわきまえないといけないというところです。例えば日本の場合は企業というものを見た時に、社長という村長が支配するエリアがあり、これを株式会社と言います。そしてその株式会社の影響力が及ぶ地域を領土として、その領土に生きる(正確には支配される)領民としての人生を日本人は経験することになります。仮に大学生で真の個人主義を得るなんて言葉があっても、結局は全体主義的な村社会に4年後には入ることになるわけです。大学時代に個人主義を獲得しても意味は無いのです。
 今までの日本は各種方々で書かれていますが、経済的には繁栄を謳歌していうましたし、我慢すれば右肩上がりがもたらす将来の希望があったわけですけど、今の御時世は全く違いますね。そうなると支配されても明日は豊かになるならと放棄していた思考を、今度は沈下していく経済の中で1億2千万個の脳みそとして使って行かないといけないんですが……。


 (´・ω・`)現実的には思考停止癖は一向に治らず、企業の側も支配することのメリットを知っているのでそれを放棄することはない。その結果、寡頭政治じゃないですが少ないアイディアで勝負することとなり、その少ない脳みそも決して有能じゃない時に発揮されるのが、その損失分を単純に労働力でカバーしようとするわけです(または利益の拡大を目論んでの超超過密労働)。その結果として過労死とかが出てくるんですよね。



 結論になりますが、私は基本的には管理型社会はそろそろ終わりにして、ある程度緩やかにでも自己裁量型の社会に変えていって欲しいと思うところです。しかしその点をクリアするためには、まず日本的な腐った脳みそを放棄した上で適切な評価システムと規準を設けるべきですね。あとはそれを適切に運用できるように、運用に際してのルールと罰則を明確にするべきです。これは社長であってもヒラで合っても同様の内容であるべきです。基本は誰に対しても、誰が運用してもおなじになる仕組みを作ろうというものです。ちなみに私が知る会社はすべて両方無い場合がほとんどでした。社長なら許される、あの人とこの人では違った結果が出るのは絶対にNGです。自分で考え、自分で行動して、もしダメだったら責任を取る。当然ながら社員には職務の範囲を明確にされなければいけないし、それに対する給与も与えるべきでしょう。こういうことをしていけば、少なくとも自分がなぜこの業務をやっているのかという疑問は生まれるでしょうし、疑問が生まれれば当然改善が出てくるはずです(というか実を言えば今の社会の形態でもそれくらいは普通は起きるんですが、起きない以上はこうするしか無いかという話)。


 こういう事を書くといつも思うのはバイトじゃねーんだからって言葉。


 ブログランキングに参加していますヽ(´ー`)ノ よろしければクリックお願いします → 
スポンサーサイト
category
日記
genre
日記
theme
日記

Comment

Trackback

http://charanporarism.blog116.fc2.com/tb.php/351-6e889f76

まとめtyaiました【日本人が「そんなに儲かってないのに、なぜか有休も取れず長時間労働」のワケを読んだ】

 これはなかなか面白かったですね。ただこれに関する記事なら他にも沢山ありますので、別に他の記事でもいいんですけどね。
  • 2012⁄05⁄11(金)
  • 12:40
  • まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。