スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

性格診断を久しぶりにしてみたら……編

 性格診断でMBTIという心理アンケートに基づいて、人間の人格の傾向を16種類に分類するものです。これはユングの心理学の理論? を下に作られているそうです。皆さんもされてみては?

 性格診断16類型

 私は……(予想通り? でしたwww)
 ENTJ型 全てを支配する指導者


 (つω`*)案の定とはまさにこのことwww


 以下は若干コピペです。

 活動的で、エネルギッシュで議論好きがこの性格の特徴です。自分が支配者であることを望み、基本的には議論や競争を好み、それを否定する人間を理解できません。そして正しいことをしようとして始まる議論は、当初は自分の意見こそが正しいと思いながら始まりますが、もし自分の意見が正しいと証明された場合にはその意見がより洗練されたと考えます。逆にッ否定されたり、間違いであると感じた場合には相手に敬意を払い、自分の意見を修正します(個人的な補足。基本的に意見が正しいと考えているというのは、あくまで議論にあたって自分の意見として確立している程度で、より重要なのは”正しい意見にたどり着くこと”であり、自分の意見が普遍の正義であるという認識はない点です)

 さらにこの性格は非常に短気で、些細な問題にも噛み付いていきます。さらに移り気な性格も非常に強く、興味が失せるとすぐに別なことをし始めます(ガチで事実ですwww)。極めて自己中心的なので、細かい人間の感情や関係構築は極めて苦手としておりますが、持ち前の自身で”やれる(キリリ”と思い込むケースもあります。

 こうした攻撃的かつ議論好きなところが災いし(?)、自分のことであれそして他人のことであれ、とにかく細かい点まで徹底的に突き詰め、舌鋒鋭く攻撃をして、完膚なきまでに叩き潰します(そしてそうなるまでやめない)。反面、失敗を経験するとストレスや深刻な自信喪失に陥りながら悲惨な自己批判を繰り返します。


 ただこのような特徴から話術やコミュ能力が高く、自分の意見をしっかり述べる店から、コミュニケーションの名手です。ただ非常に物事に熱心に取り組むので、その熱意が時に怒っているような印象を与える。


 根本的に競争と議論を土台として持っているため、それらを否定する存在を理解できない点も特徴です。あとは自分のエネルギッシュな行動が、時におとなしい人物を萎縮させたり、傷つけたりしている事実を知りショックを受けたりします。




 (´・ω・`)その、、、なんかごめんなさいw



 補足。いやはや本当に8割くらいあってますねwww まず超攻撃的で議論好きで、何事もフルコントロール、フルパワーが好きなのは生まれつきです(笑)挙句に飽き性ですしね(つω`*) 議論とかになると、当然最初は自分の意見が正しいとして始まりますけど、相手の意見などを知るにいたっては自分の意見が未熟だったかと知ったりすると、その意見を一生懸命取り込もうと頑張りますね。一見すると主義主張がないように受取る人もいますが、そうではないのです。基本的には見ている場所が違くて、最終的に到達すべきと考える点は”正しい考え方”なので、議論の最後にさらに洗練されていればいいんです。ようは間違っているか正しいかではなく、より強化(洗練)されたかどうかなのです。

 ちなみにそんな私が傾向として好まない職場がずばりすぎて笑えたのでご紹介を。

成果主義が採用されていない
すでに決定した問題を、何度も再検討しなければならない
周囲が無能(特に効率が悪かったり、精神的に弱い)
昇進の見込みがない
自分の能力を披露する機会がない
リーダーになれない
人に命令を下せない
重要な計画に関われない
組織がいい加減で明確な目標がない
新しい方法が周囲に受け入れられない
仕事が単調で簡単
1日じゅう引きこもり、人と会う機会がない
自分で目標を設定できない
知的センスが軽視される
ウェットな人間関係を扱う
論理や客観性を度外視しなければならない



 こんな職場はありえない(笑)特に下三行があるような職場は地獄としか言いようが無いですね。前職の職場はまさにこれでしたね……ガチでストレスマックスでしたね。

 逆に馴染みやすい職場は、私の性格反対側のISFP型の嫌いな職場ですね。


官僚主義的
毎日のように怒鳴られたり、不親切な事を言われる
綿密に計画をたてさせられる
締め切りや納期が厳しい
難しい決断をくだす必要に迫られる
重い責任を伴う
部下を厳しく指導する必要がある
価値観を曲げなければならない
厳しいルールや規則に縛られる
人の役にたっているか疑わしい
アイデアや仮説といった実態のない物を扱う
一人で仕事をする自由が認められない
よく知らない人が沢山いるグループのリーダーにされる
人前で沢山話さなければならない
身分や地位の保証がなく不安定


 いやぁ、天国じゃないですか(笑)


 でも、昔からそうだったかはちょっと疑問があるんですよね。それは生放送でも話したんですが、以前の私は客観性だけが最大にして唯一の基準だったんですよね。そして人を支配するよりも参謀的な傍観者というかアナリストというか、そういう立場が好きでしたね。あくまで支配するのは誰かであり、私はその方に助言をするだけですね。それがいろいろな変遷があって、今ではWarload(将軍、指揮官、支配者)たることを是としています。

 昔、10代後半や20代前半の頃は非常に官僚的で機械的な人物でしたね(今でもそうですが)。そして考え方の根幹をなしていたものは、客観性とデータ(客観的な事実)に基づけば自然と最も正しい答えが現れるとするものです(考える必要もなく示現するってところですね)。よってその頃の私はよく怒られていた内容は

 お前には自分の意見がないのか

 でしたね。無いのではないのです。私の意見はあくまで”自然と姿を表した客観論”であり、それが主観、私の私見なのです。しかしこれには大きな問題点があることに気づき、そしてその考えは改まりました。私が機械的であったがゆえに、そして人間の感情の機微を理解できなかったが故にこのような始末になったわけですね。


 こんな感じで、たぶん普通の人の中では明らかに害悪的な存在だと思いますし、数も多くはいてほしくないタイプではあると思います。しかしまぉなんというか、個人的にはこんな性格にうまれてよかったと思うところは無くはないので、一応感謝しています(笑)
スポンサーサイト
category
日記
genre
日記
theme
日記

Comment

Trackback

http://charanporarism.blog116.fc2.com/tb.php/345-67dff344

まとめteみた.【性格診断を久しぶりにしてみたら……編】

性格診断でMBTIという心理アンケートに基づいて、人間の人格の傾向を16種類に分類するものです。これは
  • 2012⁄04⁄18(水)
  • 05:53
  • まとめwoネタ速suru
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。