スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

SteelSeriesヘッドセットが半額になるとの件で

 昨年に箱○対応のヘッドセットとして話に出ていたSteelSeriesのヘッドセットが半額になります。日付は4月6日からだそうですが……。


 レビューなどを調べてみたら、結構地雷臭はしますね……(笑)そんな話。
 まず結論から言えば売れているのか結構怪しい地雷臭のするヘッドセットと見ていいような気がしますね。たった一年で半額以下にするというのだから、決算近くて焦ったのか、それともあまりに売れなさ過ぎて焦ったのか二者択一な気もします(笑)それは置いといても、レビューの内容は芳しくないですね。


 まずだいたいはヨイショ記事になる一般的なゲーム関係サイトのレビューですら、使い勝手はksと言い切っていますね。たしかに箱○に対応させるとなると、複雑な音響関係をクリアする必要がありますので仕方ないとは思いますが、プラグのかみ合わせがks過ぎて、カチッと音がするまでと書かれているがそんな音なんか聞いたことすら無いとか、プレイ中に外れたなどの話も出ています(笑)その点から分かるのは、配線の取り回しが気にならない、もしくはプラグのかみ合わせがダメでもあまり気にならないという人ならば問題なく使用できるのではないかと思いますね。

 あとは音質的にはドンシャリ系とのことです。ここらへんは完全に好みなのでなんとも言えないですけどね……。私はあまり好きではないかなと。ただマイクの方に関しては他に押すところがないのか結構いいですよと言った雰囲気が感じられますね。特にデフォルトのマイクは、たしかに音質的にもあまり良いとはいえませんでしたが、これを改善する手段が以前は限られていましたよね。ここを考慮すればその部分だけのために買ってもいいのかなと思える内容でした。


 それでは最後に肝心の取り回しについて。これは私が持っていないので記事からの理解に基づき書いているので、もしかすると間違っているかもしれません(笑)


 まずこのヘッドセットはマイク音とゲーム音が別なルートを通っている事を解決するマイクであるそうです。つまりゲーム音はゲーム機本体の後部からアウトプットされて通常はテレビやオーディオ機器へインプットされ、再アウトプットされますよね。それに反してマイクの方は装着したヘッドセットが音をアウトプットして、コントローラーが受け取り、その後に機器へと送られますね。よって今まではコントローラーとヘッドセットを繋げられてもゲームの音をそのヘッドセットでは聞くことができませんでした。

 そこでこのヘッドセットが行ったことは箱○からアナログの音声端子(RCAケーブル)に、付属のミニプラグに変換するケーブルを接続します。これで箱○の音声出力はどこかのミニプラグを持っている機器へ接続できる準備ができました。次にその端子はヘッドセットの箱○コントローラー側に差し込むヘッドセットのユニットに接続します。ここがミソでこの接続部分に内蔵されたユニットがマイクとゲーム音を聞くという機能を統合しているようです。そしてここも”売り”の一つなんでしょうが、ゲーム音がうるさくて声が聞こえないよ! というのはよくある話だったかと思いますが(特にHALO)、これは人間の声が入ると自動的にゲーム音を下げて、人間の声が聞こえるようにしてくれるそうなんです。おお! と驚くような機能ですが……あれ? これって箱○に実装されていませんでしたっけ? と。されていたような気が……(気のせいか?)


 ただ……ここまであまり良い感じに書いて来なかったわけですけど、4月6日には状況が変わるんですよね。これはもしの話として書きますので予めご了承を。これはあくまで1万円を超えるようなヘッドセットの内容として考えた場合、非常に苦しい選択肢だと思います。この価格はあくまで対応製品が脆弱な箱○製品だからこその価格だと思います(低競争が生み出した効果な製品)。しかしそれがここに来て約半額というのだから話は変わります。そもそも対応する製品がないのには変わらない中で半額の5000円クラスで何かが買えるとなると、仮に箱○で何かちょっとアクセサリーを買おうかと悩んだとして、なおかつそれがヘッドセットの買い替えだった場合……順位としては高く無いですがありだとは思います。たしかに若干ノイズが乗ってくるなんて部分もありますので、なんとも言いようない部分はあります。おまけに価格帯としても有線でと考えるとピンキリの話で言えば下は1000円クラスの商品すらあるなかで、このレビュー内容で5000円出せるかという話は結構ナンセンスな部分もあるとは思います。おまけに対抗馬には昨年のTGSにも出ていたRazerさんも製品を出しているようではあります……。


 そんなわけで半額というその部分だけを見れば強烈なインパクトのある、あまりインパクトのない製品の話でしたが……いつかご縁もあるだろうということで、この記事は終了ですw いやはや……調べてみて、こんなにレビュー少ない上に微妙な製品だとは思わなかった。


 ブログランキングに参加していますヽ(´ー`)ノ よろしければクリックお願いします → 


 
スポンサーサイト
category
PCゲーム関連
genre
ゲーム
theme
PCゲー

Comment

Trackback

http://charanporarism.blog116.fc2.com/tb.php/327-77ba3326

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。