スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

「こんな世の中では夢を持てない」という若者への疑問という記事を読んでの感想

 根本的にこの方の論調は非常に面白かったので書いてみようと思いました。結論から言えば、明らかにおかしい。

 元ネタ
 なかなか色々書いてみましたがしっくり来なかったので、もう一度書きます(笑)


 やはり結論から言えば歴史的な観点や世界的な比較をしてみたところで、自分の生活が豊かになることはないということでしょうね。仮に今の日本人が世界で、いや世界と歴史上で最も豊かな、そして一番美味しい食事を食べている()国民であろとなかろうと、今財布の中にいくら入っていて、来月の25日や10日にいくら入金されるのかという事が全てであることは間違いないのは周知の事実だと思います。この方はおそらく自分が豊かになり、衣食を足りて礼節を知るようになってこのような記事を書いたのでしょうけど、完全に錯誤としか言えませんね。

 例えば毎日借金取りに玄関先で怒鳴られ、地域社会からのパージを受け、経済的にも精神的にも参り果ててしまったとしましょう。こんな時にこの方にアフリカの方は毎日の生活にも困り果てて、バグダットの人々は今日も銃撃戦に怯えて暮らしていますと言ったとしても、この人が住んでいるのは日本国であり、アフリカでもイラクでも無いですよね? と(笑)更にいうならば経験もしてないことを想像することは容易いです。しかし現実と比べた時の乖離は(ときどきによりますが)開いていることも珍しくはないでしょう(私は東日本大震災がそれに当たります)。


 この手の論調で気に喰わないのは、今の日本は恵まれているのだから感謝しろ満足しろといったよく分からない論調なんですよね。今の日本のどこが恵まれているの? と。経済的には閉塞し、将来的な精神的な支えもなく、頑張っても報われることが少なくなってきている。どこもかしこもうまくいかないことへの苛立ちで満ち満ちているというのにですよ? 世界的にどうこういっても、私達が生きているフィールド、戦場は限定的には地域社会の中であり世界のアフリカやアジア諸国じゃないということですよね(経済的なリンクは存在しますが)。ただ誤解していただきたくないところですが、私はだからといって世界を無視しろということではありません。世界のことは世界のことでつながる範囲で考慮しながら暮らす必要はありますが、普通の一般人の感覚で自分の生活レベルの話で世界を持ち出すのはナンセンスだろという話です。

 有り体に言えば私達は世界がどうであれ、地域社会の情勢で暮らしており世界がどうであるかなんか、昔の日本がどうであるのかなんて関係ないだろと(笑)人間が前向きであるためには、希望や理由が必要な場合がありますよねということです。その理由を作らずとりあえず前向きでいろ、頑張れ、働いて死ね的な論調はいらないと……働いて氏ねは書いてないか。


 本当にこんな苦しい時代に、自称啓蒙活動家みたいなのがこの手の論調を書いているみたいですが、実にくだらないと一笑に付すとしか言い用のない記事でした。


 ブログランキングに参加していますヽ(´ー`)ノ よろしければクリックお願いします → 
 
スポンサーサイト
category
日記
genre
日記
theme
日記

Comment

Trackback

http://charanporarism.blog116.fc2.com/tb.php/325-c455373a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。