スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

【CrusaderKings2】クルセイダーキングス2を買ってみた

 久しぶりのパラドゲー……どうかなと思ってやってみた所、非常に面白くなってきていますね。
 まず気になったのは、都市というかプロヴィンスの強化方法は変わったんですね。今まではプロヴィンスに裁判所やらを立てていくような流れだったとは思いますが、今回はプロヴィンス内にHoldだったかという都市を建設できて、ここから税収が来る感じだったと思います。ちなみにHoldは直轄領と市長や教会領? のような物にわかれており、ダイレクトに税収に結びつくのは直轄領の方みたいです(直轄領というのは、今までの直轄プロヴィンスということではなく、直轄プロヴィンスの直轄領ということです。たぶんw)

 あと気になった点はやはりグラフィック。3Dになりましたが、個人的には綺麗に仕上がっていて結構驚きました。以外にも軽かったので、その点もさらに驚きましたね。プレイ時の不可としてはPhenomII X6 1090Tだったかで、CPUは2割くらいで、メモリは1GB程度の使用率だったと記憶しています。しっかり記憶しているわけではないのであれですが、結構軽いほうだと思います(VGAはHD6970?だったと思います)。この点は高く評価してもいいと思いますね。


 それ以外の部分で色々書きたいところですが、まず宗教に多様性が若干ある点は面白かったですね。例えば単性説派が登場したりしています(笑)単性論は主にエジプト周辺で生まれた宗派というか学説というか、そんな感じらしいです。エジプトというと結構の方がイスラム圏という認識かと思いますが、それはたしかに間違ってはいません。しかしアルバニアのようにキリスト教徒がある程度の数がまとまっている地域でもあり、特にヌビアには正教側の国家があったくらいですからね(エジプトはコプト聖教がある)。ということでアフリカには正教国家のヌビアを含めて3つくらい勢力が確認できましたが、序盤で踏み潰されまくっていますw(プレイした所エジプト軍が大挙して襲いかかってきます)。
 次に評価したいところは、前作のDVで嫁一覧のようなものがあったのを覚えている方も多い方と思います。あれの強化版が登場します。強化版というのは条件指定の欄があり、そこで大抵はYes or Noで選択していくと、その条件に見合った人物を出してくれるというもの。さらにはその人物をクリックして、下にあるアイコンですぐさま血痕の申し込みができるんですよね。これは正直、利便性の工場という点では驚くほど向上しているなと強く感じましたね。


 ヽ(´ー`)ノ そんなわけで色々いじりましたが……戦争に負けまくってまともな内容になってませんw



 それでもこのゲームは楽しいですね。兎にも角にも楽しいですね。理由としては、もとからあったままならなさをさらに強化した印象がありますね。結構、骨肉の争いも強化された感じがしますし、なによりもシステムが安定的になって、内容がより不安定的になったというところが非常に好印象です(笑)CKはたしかにままならない不安定感を楽しめましたが、同時に多くのクラッシュバグでストレスも溜まるシロモノでした。しかし今作品は確実に安定感は上がっていると思いますので、その点では(ゲーム内容の)不安定感を楽しめると思います。
 これからもこのゲームの内容をいろいろ書いていきますので、よろしくお願いしますヽ(´ー`)ノ


 ブログランキングに参加していますヽ(´ー`)ノ よろしければクリックお願いします → 
スポンサーサイト
category
Crusader Kings II
genre
ゲーム
theme
PCゲー

Comment

 ヽ(´ー`)ノ拍手ありがとうございます~

 CKの前作は大変なバグゲーで、いろいろ書かれて、いろいろ話題になりましたが……めでたく次回作が絶望的な最右翼として結果を残すこと無くこうなってよかったです(笑)最初は覚えることが多すぎてあれな感じになっているとは思いますが、覚えてからの楽しめるスルメゲーなので、これは最高の楽しめると思います。
  • 2012⁄04⁄03(火)
  • 17:09

Trackback

http://charanporarism.blog116.fc2.com/tb.php/314-c5825422

まとめteみた【 ちゃらんぽらりずむ 】

 久しぶりのパラドゲー……どうかなと思ってやってみた所、非常に面白くなってきていますね。
  • 2012⁄03⁄18(日)
  • 16:51
  • まとめwoネタ速suru
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。