スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

メジャー進出や海外移籍はそんなに悪いのか?

 毎回この手のニュースを見ていると思うことがあります。それは海外移籍などの行為をやたら悪く言う人間が、その業界にはいるということ。

 元ネタはこれです。
 さて、たしかに球団は大きな労力をかけて選手を育てます。さらにはその選手には年俸も払っています。だからこそ外にいかれては困る! という気持ちに対して理解がないわけではありません。しかしスポーツマンはより高い所で戦ってみたいという野心や、より多くの年俸が欲しいという欲望もあるでしょう。これらの欲望や野心をよろしからずと断じて非難するのは、いかにも古めかしいい日本のサラリーマン原理が働いているんじゃないかとすら思えます。


 今回は江夏さんという全く存じ上げない方ですが、どれだけ偉い方かは分かりませんが一つ尋ねてみたいことがあります。



 なぜ日本の球界はこんなに魅力がないんですか?


 不思議ですよね?(笑)なぜなら私も一度だけ見たことがありますが、あのダルビッシュ選手はメジャーに行くと言っています。日本の球界よりもメジャーだというのです。皆さんはいいところと悪いところと、非常に大雑把な概念で恐縮ですがどちらが
いいですか? 普通はいい方だとお答えになると思いますし、それが普通のことだとは思います。

 私は常々言っているのは日本のサッカーもしかり野球もしかりですが、海外に選手が言ってしまう程度の日本の球界の状況を改善もしないで、出ていく人間を裏切り者として宣伝するのはいかがとは思いますね。はっきり言えばそのようなことをほざいている時間があるなら、日本球界のレベルアップや集客などに尽力されたらいかがでしょうかとすら思います。事実、私の記憶が定かならば、選手が海外を志向するようになったのは昨日今日の話ではないはずです。10年も20年もこの状況を放置している分際で、寝言を言うというのは片腹痛いと言った具合です。

 個人的には球界の方は野球が好きだからのめり込んで、頑張って、選手になったりコーチになったり監督になったりしているんですよね。大変素晴らしいとは思いますが、私がその手の方を毛嫌いする理由の一つに、自分が好きなものは他人も好きなはずだという理論が見え隠れするんですよね。そして私はそういう方を失礼ながら病人(有り体に言えば基地外)と言ってます。むしろ私のような野球に興味を持たない人間に興味を持ってもらうような工夫がないと、観客や関連商品の売上は伸びないでしょうし、そうしないと球団の選手に高い俸給を払えないのでは? と考えています。


 正直この手の話題は誰かが海外に行くたびに出てくる話なので、そろそろ飽きてはきていますが……毎度やはり思ってしまいますよね。
スポンサーサイト
category
ニュース関係
genre
日記
theme
日記

Comment

Trackback

http://charanporarism.blog116.fc2.com/tb.php/282-8f825f87

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。