スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

ゲームのネタバレは完全悪なのか?

 そんな感じでネタバレに関することを書いてみようかと思います。人それぞれなので一意見として程度にごらん頂ければいいですね。
 日本では猫も杓子もネタバレは害悪のように言われていますけど、個人的にはこの空気はどうなのかなと思いますね。もしかすると日本は処女性を病的なまでに気にする国民が多いので、そのへんも関係しているのかなとか妄想したりしています。つまり自分が体験する物、事はすべて自分がそれに一番最初でなければならないということですね。例えば新品以外ダメな人や、処女厨なんて典型例です。


 ちなみに私はもちろんネタバレはされたくないと思う時もありますし、別段問題ない場合もありますね。それはすでに結末を知っていてプレイする時が多いからでしょう。つまり追体験型(と呼んでいます)だからですね。でもよく考えてみると、某所で書かれていましたが日本のゲームはラスボスが誰かも知らずに戦っている場合が多いよねということ。たしかに。
 例えばDiabloは大魔王ディアブロ様なる人が問題になっていたりしていますよね。あとはCOD4もラスボスが誰かもある程度察しがついていますし。ただ展開的なことに関してはやはりネタバレされること困ることは多いと思います。でもゲーム自体の構造やシステムが、そういったフレッシュ感だけに依存しているんじゃないかと思うことも多くなりました。つまりシステム的な楽しさを追求するようなゲームが少なくなったのかなということです。例えばCivilizationはその典型といえるでしょう。敵AIは賢くないかも知れませんが、システムを楽しむのであってネタばれされるような要素があまり無いですからね。


 もちろんこれはすべてのゲームに当てはまるわけではないのは承知していますが、もう少しだけそういう追体験しても面白いゲームが世に溢れてくれたらいいなと思いますね。
スポンサーサイト
category
日記
genre
日記
theme
日記

Comment

Trackback

http://charanporarism.blog116.fc2.com/tb.php/275-7c7629da

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。