スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

The Elder Scrolls V Skyrim Part11 検索ワードから答えを書いていく記事

 それではバンバン書いていきますよヽ(´ー`)ノ
 skyrim インゴット

 これは何を意図したのか分かりませんが、もしインゴットを希望するなら入手方法は二通りあります。まず一つは鉱石から取り出す方法で、溶鉱炉がありますのでそこでインゴットにします。溶鉱炉は具体的にはホワイトランの鍛冶屋(入り口すぐ)の手前億にあります。大きいので目立ちますね。ただ注意が必要なのはたいていは鉱石が2つ必要になることが多いので、奇数の場合は家などで保管しておいた方がいいと思います。
 あとはホワイトランの鍛冶屋さんのご夫婦(注意! 旦那さんと奥さんは個別に在庫を持っています)と、リバーウッドの鍛冶屋さんも売っています。もし移動がめんどくさいならばホワイトランの鍛冶屋さんだけで買う方がいいと思いますね。

 ちなみに鍛冶をする場合にはこちらに攻略情報を書かせていただきました。


 skyrim 魂縛

 Soultrapですね。まず解説的なことを書きますと、この魔法は敵のSoul(魂)をソウルジェム(魂石)に閉じ込める魔法です。魂石はエンチャントで使いますので、育成する場合には大量に使うと思います。色々なところに落ちてはいますが、一番いいのは個人的にはドワーフの遺跡じゃないかと思います(ドワーフの警備ロボが結構持っているので)。
 さて、使い方としては相手に向かって接触する感じで魂縛を打ち込みます。効果は60秒以内までは効いていますので、その間に殺傷します。モンスターや人間には魂の大きさがありますので、その魂以上の大きさの魂石が必要になります。持っていない場合には失敗扱いになりますので、予め色々な種類を持っていたほうがいいと思いますね。ちなみに人間の魂は専用のブラックソウルジェムという特殊な魂石が必要になりますのでご注意ください。尚、デイドラの秘宝で女神アズーラ(Azura、アズラ)由来のアズラの星かブラックスターならば無限に繰返し使用出来ますので便利ですヽ(´ー`)ノ

 ( ・`ω・´)ちなみにこの二つの秘宝は、どちらかしか選択できませんので……十分ご吟味の上ご選択ください。尚、アズラの星は魂石扱い、ブラックはブラックソウルジェム扱いです。

 他にも召喚上げにも使えますので、その際はこちらの記事に書いてある方法がお勧めです。


 ぶっちゃけた話、魂はデカイのしか興味がないぜ! という方はブラックソウルジェムかブラックスターさえあれば事足りますし、アズラの星と違って魂の大小を気にして倒す必要がないのは相当楽です(例えばアズラの星の場合は極小から極大まで入るため、カラにした瞬間に熊を倒してしまい普通サイズが勝手に入ってきたりします。ようはカラなら何でも入れるのでいちいち狙っていくのは面倒という)。

 ※簡単な魂縛方法ヽ(´ー`)ノ

 魂縛は実は魔法でかけるより武器にエンチャントした方が非常に楽です。なぜなら白兵武器ならば効果時間は1秒でよく、1秒の場合は使用する魂の量が少ないので非常に長持ちします(エンチャントした武器にはその効果を一回使うごとに充填された魂を減らしていきます。つまるところ使用回数があるのですヽ(´ー`)ノ)。何回も何回も叩くことを前提に1秒魂縛をつけた武器で殴りまくれば……もう完全に皆さんは魂収集マシーンと化します(笑)

 (ΦωΦ)ぜひお試しあれ。


 skyrim 両手 魔法

 恐らく両手持ちの武器をお探しですね。Bound Battleaxe(両手斧の召喚)がそれに値するとは思いますが、召喚した事無いのでなんとも……(笑)ちなみにこの召喚武器に片手や両手のボーナスが乗るのかは……存じ上げません。たぶん乗るとは思いますが……なんとも言えませんね。


 skyrim 龍の骨が売れない

 売れます。道具屋に行ってください。具体的にはリバーウッドなら鍛冶屋さんの対面のお店で、ホワイトランなら門を抜けてそのまま進み、商店街? のような露天のある場所にブレトンの方がやっている店がありますのでそこがお勧めです。ウィンドヘルムなら右側の港に通じる扉の、さらに上方角にダークエルフの方がやっている店があります。

 尚、もしPC版の方なら商人の持ち金を1万にするMODがありますので、それを入れた方が楽になります。

 (´・ω・`) コンシューマー版の方は頑張って待機してください。


 帝国タムリエル 人物が解らない

 帝国タムリエル()はさておきまして、人物的なことはたしかにわかりませんよね。では、ほんの一部ですがご紹介しますね。


 ウルフリック・ストームクローク
 今回のストーリーの重要人物。ストームクロークなるスカイリムの反乱軍の総大将で、上級王・上王を殺害した人物。ネタバレは避けますが、どうも帝国がスカイリムに駐留するよりも自分たちの税金などでスカイリムを守ったりしていく方がいいと思っています。本拠地はウィンドヘルムで、非常に大きな城塞都市です。冒頭で処刑されかかっていた人ですね(笑)

 テュリウス将軍(個人的にはトゥリウスじゃないのかと)
 在スカイリム駐留軍の総司令官? リッカという副官がいて、ソリチュードを本拠地としています。いかにもローマ人っぽい感じの男性ですね。尚、ウルフリックはJarl、つまり一国の主ですが……彼のいるソリチュードにはきちんとJarlがいます。序盤の問題としてスカイリムのJarlの中にはスカイリム駐留軍を城内に入れることにためらう人物がいますが、それに対して若干苛立っている模様? おそらくは在スカイリム駐留軍はあくまで駐留軍であり、行政的なところまでは介入できない模様。

 Alduin(アルドゥイン、オルドゥイン?)
 とりあえずラスボス的な存在というか、世界を破壊するんじゃないかという感じのドラゴンですね。

 Jarl(首長) バルグリーフ
 ホワイトラン(Whiterun)を統べる人物。中立性重視してここまでなんとかかんとかやってきた人物です(ぶっちゃけ行ってしまえばこの方のこの中立性重視政策があったればこそ、ど真ん中にあるホワイトランが堅持できたのかも。他のところなんて内戦の件で大モメだったり)。スカイリムでは珍しい? ダークエルフのハスカール(従士、家来)がいます。

 こんな感じですね。別記事で人物は人物でまとめたほうがいいかも知れない……。


  ブログランキングに参加していますヽ(´ー`)ノ よろしければクリックお願いします → 
スポンサーサイト
category
The Elder Scrolls V
genre
ゲーム
theme
The Elder Scrolls V Skyrim

Comment

Trackback

http://charanporarism.blog116.fc2.com/tb.php/267-7aa9c651

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。