スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

The Elder Scrolls V Skyrim Part9 ~日本語訳があまりに酷い件~

 結構笑えない所があるのが残念ですが、声質などは結構いいですね。個人的にはこれらの吹き替えはCKが出た時にこえ部などで声を集って変更しても面白いかも知れませんね。さて……。
帝国タムリエルは窮地に立たされていた。
Skyrimの王は殺害され、王位継承のために同盟が形成されていった。
内紛が起こる中、長い歳月閉ざされていたElder Scrollsへ通じる道がタムリエルへと開かられ、
太古の邪悪な生物たちが蘇った。
Skyrimの未来は、唯一ドラゴンに立ち向かうことのできる救世主"Dragonborn"が現れるという
予言を待ち望みながら、生死の淵を彷徨うしかなかった……。


 さて、この時点でまずもってやばすぎるだろとしか言えませんw いつどこでタムリエルが帝国になったのか(笑)タムリエルは大陸名なのでユーラシア帝国というのが歴史上存在したことになりますね。加えてなぜかドラゴンボーンやエルダースクロールズが英字になっているというのはいかに……固有名詞を英字にしたい方ならタムリエルも英字だと思いますけどね。いっその事ルー大柴さんに習って、SkyrimのKingがKillされと言えばよかったのに。

 さて、さらに困るのは最後の一文の生死の淵という意味不明な単語か出ているあたりからも、この文章を考えた人物は本当にこれを職業としているのかと疑問すら生まれますよね……。もし生死のと書きたいのであれば生死の”境”ですし、淵を使いたいならば死の淵ですからね。最近は言葉の変化を盾に色々と訳のわからない言葉を濫用することする方も多いですが、ビジネスとして筆を持つ人間がこのザマなのは理解しかねますね。


 さて、本編の中身を見ると単語を短くしたいとい意図を感じる部分が多く、スレなどでも珍訳というか誤訳というかと色々話が出ていますね。個人的には単語の意味を理解せずに使ったかなと思われるところもありますが、意図はある程度理解できる範囲の物もあります。しかし全体的に翻訳レベルが低く、結構残念な限りですね(特に誤訳が多い)。今後、誤訳を含めて直していくならある程度は理解していくつもりですが、個人的にはあとはユーザーが直すだろwww 的なスタンスでいるんじゃないかと心配ですね。

 よって個人的には誤訳などは声なども含め治したいところですね。



 (´・ω・`)それにしても表現上の理由とは何だったのか……。


 ブログランキングに参加していますヽ(´ー`)ノ よろしければクリックお願いします → 
スポンサーサイト
category
The Elder Scrolls V
genre
ゲーム
theme
The Elder Scrolls V Skyrim

Comment

ヽ(´ー`)ノ拍手ありがとうございます

 いやはや本当に表現上の理由とはなんだったのか……(笑) 非常に残念でなりませんが、私はもちろん日本語で吹き替えされるべきであるという部分に関しては、考えは変わっていません。Fableや本作品のような作品は、一般的な日本人がプレイする上ではやはり日本語であるほうが望ましいからですね。


 ええ、あくまできちんとこなすべき仕事がこなされた結果の話で、ですが。
  • 2011⁄12⁄14(水)
  • 18:34

Trackback

http://charanporarism.blog116.fc2.com/tb.php/264-128718f4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。