スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

The Elder Scrolls V Skyrim Part9 Creation Kitの件

 以前からまだかまだかと期待されていたクリエイションキット(旧CS?)、CKは来年の一月にお目見えすることになるようです。発売から2ヶ月……。相当待ちわびた方もいそうな気がしますね(笑)
 さて、とはいえ詳しいい情報はあまり無いので、何を書いていいものやらと思案している所ではあります(笑)

 大きな発表ではなかったですが、Steam Workshop対応というのは大きいのかなと思っています。今まで以上にMOD探しやらが簡単になるかも知れないですね。公開されていたTF2関係のMODULORを見てきましたが、サムネ付きなので探す時は結構楽といえば楽ですし、お目当てでなくともサムネからビビッときた物をダウンロードするなんてこともあるかも知れませんね。

 なにはともあれ今回のニュースでCKが来年には来るということですので、首を長くして待ちます。ただ気になるのは開発用Wikiやチュートリアルビデオなどを用意するようなのですが……言語は? 前回はOblivion-Cという簡易C言語だったようですが、今回はどうなるやら。前作ではOBSEで拡張したりしているようでしたが、出来れば今回はそういうのをなしにどんどんオフィシャルでやってほしいところですね。


 そうでした、忘れていました。気になる点がいくつかありましたので書いておきます。今回のMODで前作とは大きく異なる可能性がある分野がありますよね? 種族です。

 種族がありえた理由としては、前作は生まれながらの素質という概念があり、それが種族ごとに違いからある意味楽しかったという側面があります。極論すれば魔法系は打たれ弱く、オルグのような種族は打たれ強く逞しい……。しかし今回は生まれた星が違えど、種族が違えどみんなほぼ一緒です(能力補正が入るので同じではありませんが)。そうなると前作のような怪力種族はありえないという結論になります。もし最初の段階でPerkが付与できるなどのあれがあれば別ですが……この点はどうなるか分かりませんが、例えばあるクエストが始まったら特定のPerkをキャラに付与するような裏で走るクエでなんとかなりそうな気もしますが……う~ん。なにはともあれ個人的には能力値の疑念が消え失せた以上、見た目以外の要素が薄くなった種族系が廃れないか不安です。


 あとは気になるところはLovers関係でしょうか。SteamWorkshopが……あれを受け入れるかと(笑)個人的には作者があんなところに放り込むとは思えませんし、その部分については問題ないとは思いますけど。


 なにはともあれCS改めCKの登場を待ちわびていますヽ(´ー`)ノ


 ブログランキングに参加していますヽ(´ー`)ノ よろしければクリックお願いします → 
スポンサーサイト
category
PCゲーム関連
genre
ゲーム
theme
The Elder Scrolls V Skyrim

Comment

Trackback

http://charanporarism.blog116.fc2.com/tb.php/257-e7a69fae

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。