スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

スマートフォンの顧客満足度を左右するのは、店頭での説明力なんだそうです

 たしかに、と強く思ったのでちょっと記事にしてみました。
 私も今年になってはじめてスマートフォンになりました。使う上で非常に機能が多く、色々四苦八苦して使っているような気がします(笑)しかしその中でキャリアの満足度を調査した結果によると、1,000点満点中で見てみると、ソフトバンクが最下位の約500点で、それ以外のキャリアは概ね約600点となっています。

 これは通信品質、エリア、提供サービス、費用、電話機、アフターサービスや電話機購入経験などの6項目で判定されたようです。さてそうなるとすぐに思い当たるのはソフトバンクが通信分野で非常に悪い印象を持たれているのが思い起こされ、それが低評価に繋がっているのではないかなとなりますね。


 さて、そのなかでこのようなお客様満足度を高める上でスマホ時代では店頭での説明力が、自キャリアの満足度向上に繋がるとしています。結論から言えば、従来品のフィーチャーホンの場合とスマホの場合では、その機能の多様性などから説明を受けれたかどうかが使いこなし度に差がつくというものでした。つまりあまりに高機能すぎて使う上である程度の下地となるレクチャーが必要になるということでしょうね。私のような……いえ、私より若い方々は意欲的な若さがあるのでどんどん覚えると思いますが、おそらくは概ね私より上の世代くらいになると、ある程度人から伝達する形で整理された効率的な情報が必要になることってありますよね(会社で置き換えればそれを体験するより、報告書で全体把握する? 感じでしょうか)。

 (;・∀・) 俺も歳食ったな……(笑)

 さらに付け加えると、最近別な記事でiPhoneユーザーの企業忠誠心と満足度は8割と極めて高いというニュースがありましたね。たしかに満足度が高ければ継続意欲(=企業忠誠心)も高まるというもんです。さてそうなるとこのスマホの話も同じ路線になり、満足度を高めれば継続してくれる可能性が高くなる、よって店頭での説明力の高低がひいてはキャリアのシェアを高く保ってくれるということでしょうね。
 思い返せばたしかに店頭での説明などは、購入に際して非常に大きいですよね。実は私がiPhone4Sを買った店舗は、家の近くのauショップではなく、ちょっと遠くだったんですよね。その理由としてはやはり店頭での対応によるかなと思っています。対応してくれた方はどちらも男性で、歳もあまり変わらなかったと思いますが……見た目が違いましたし、なによりも話し方だったり、その説明を自分の中で取り込めたと感じた感触が違いましたね。残念ながら家の近くのショップの方は悪くはなかったんですがイマイチの感触が大きく、やや遠くの店の方はしっかりとした感じがありました。私も接客をするようなお仕事が多かったのですが、改めて難しいなと感じてしまったという次第です(笑)
 最終的には私はその説明力に納得したからか、そのお店で買い、iPhone4Sには満足しています。


 携帯電話が数でなくなると言われてからすでに十年くらい経ったような気がしますが、これからの携帯電話は顧客満足度が鍵なのかも知れませんね。しかし2年おきのキャリア移動の件を考えると、定着率を高めるのは極めて難しそうな気がしますが……。


 ブログランキングに参加していますヽ(´ー`)ノ よろしければクリックお願いします → 
スポンサーサイト
category
ニュース関係
genre
日記
theme
日記

Comment

Trackback

http://charanporarism.blog116.fc2.com/tb.php/252-d4b99e41

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。