スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

The Elder Scrolls V Skyrim Part5 ~プレイしてみた上での総評~

 このゲームは正直な話、かなりプレイした上でレビューを書きたいと思っていましたので、しばらく寝かせておきました(笑)それでは総評に移ります。
 まず一言では言い切れないほどですが、かなり待っていました。海外ではどのような評価が出ているかは聞き及んでいますが、これはあくまでPC版をプレイした上での感想です。そして現在とある理由(笑)で英語版でプレイしていますので、シナリオ面での評価は8日以降に書きます。


 総評
 全体的にオブリビオンの次回作として問題ないほどのビルドアップを遂げた良作だと思います。その上で様々な要素を加え、オブリビオンが抱えていたバニラ要素での諸要素の希薄さ、少なさを補って余るほどの量、そしてそれらの質が本作品には備わっています。戦闘面ではモーションの改良、戦闘スタイルの増加などが加わり、単調だった戦闘が極めてエキサイティングになったと思います。本作品はそれ以外の要素についても完全なビルドアップが図られており、確実に増強された面白さが体験できると共に進化した新エルダースクロールズを味わえますね。
 本作品は不満点を幾分か抱えた作品かもしれませんが、多くのユーザーから良作であるとの評価の栄に浴すだけの価値のある作品ですね。


 I:システム面

 まず様々なシステムが追加されました。まだ約40時間程度なので分からない点も多いのですが、戦闘システムに関してはモーションの変化や、武器の種類、製作・強化などの面で、非常に楽しくなっています。魔法に関しては種類がやや少なったかな? と思える部分がありますが、これはおそらくは不要な点は省いて、新しく進化していこうという流れだと思っています。つまり新しくなるに連れて再構築していくもので、全作品から引き継げない部分は確実に出ると思います。さらに武器の強化もスキルの鍛錬に結びつくので、より多くの製品を作ることを強要されるのは、一部のユーザーとしては面倒だという評を貰う可能性がありますが、個人的には問題ないと思いますね(ただ相当量作ることにはなります)。

 さらには錬金術やエンチャンティングが固定台で行うことになりますので、その点は不便になりましたね。移動しながらの錬金術の旅から、材料を持ち帰るたびになります。ちなみに錬金術台などは野外にもあるところもあります(野盗の基地など)。こちらは若干システムが変わりましたので、4のユーザーにとってはちょっと戸惑うかも知れないですね。

 システム面では個人的には修理がなくなったのは残念でしたが、それを補うだけの要素追加とその完成度は文句なしですね。


 II:グラフィック

 意外としょぼいと言っている人がいるそうですが、個人的に言わせて貰えばこのゲームはグラフィックなんていじるものであって、家庭用ゲーム機ベースで考えたら十分なくらいです。もしPC版をご検討の方には若干不安要素になりますが、遠景強化MODなどが出れば文句なしになると思いますね。ちなみにデフォでも十分綺麗なので、入れなくても平気です。


 さて今回は二点に絞って書いて見ました。これからもプレイしていきながら気づいた点などを記事にしていきますヽ(´ー`)ノ


 ブログランキングに参加していますヽ(´ー`)ノ よろしければクリックお願いします → 
スポンサーサイト
category
The Elder Scrolls V
genre
ゲーム
theme
PCゲー

Comment

Trackback

http://charanporarism.blog116.fc2.com/tb.php/242-fc47c25e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。