スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

H.264はやはり難しいですね

 実は昔から動画のエンコード自体は行なっていたのですが、本日iPhone3GSに対して動画を入れることになり……その仕様でちょっと一悶着有りましたので(笑)
 というのもH.264はプロファイルと呼ばれる仕様と、主に負荷などの面での使用に当たるレベルという2つの使用が存在します。車で例えるならば、エアバックやシガーライターなどのオプションを付けるか付けないかを決めているのがプロファイルで、馬力や加速性はレベルといった具合でしょうか。


 その2つが問題になっているのは、3GSの動画再生の仕様は、4Sに比べてかなり厳しく、有り体に言ってしまうとニコ動の仕様でもおkなのは4S、ダメなのは3GSと言ってもいいくらいです(結局中身は同じMP4のH.264ですけどね)。よって今までは4Sにはニコ動の動画を放り込むだけだった私が、今回改めて3GSに動画を放り込む作業をしていたら……エンコした動画という動画が全部はじかれる結果に。


 (;・∀・)なぜだ……。


 調べてみると3GSの仕様は以下のとおりとなっていました。

 H.264ビデオ:
 最高2.5Mbps、640X480ピクセル、毎秒30フレーム、最高レベル3.0のベースラインプロファイル(最高160kbpsのAAC-LC)、48kHz、.m4v、.mp4、.movファイルフォーマットのステレオオーディオ

 出典:髭日記出張所?


 つまりBフレームなどは使えず、本当にシンプルな一番簡素なプロファイルの動画以外はダメですよということのようです。ここでニコ動と比べるとどうなるかといえば、まずBフレームはダメ。さらにCABACや重み、8x8などもダメ。つまりおそらくは高画質化のために行うと思われるありとあらゆる行為がダメという内容のようですね。ポータブル機器だという点を考慮すれば、当然と言えば当然の内容ではありますが……個人的にはもう少し頑張って欲しかったという所でしょうか(笑)


 ただ画質などにはうるさくない甥っ子のための作業なので、この際は一切合財を無視して……量産速度を重視して現在エンコ中です。ビットレートも押さえ気味ですし、量重視で行けるかなと思います。
 それにしてもやはりH.264は難しいですね。
スポンサーサイト
category
日記
genre
日記
theme
日記

Comment

Trackback

http://charanporarism.blog116.fc2.com/tb.php/240-c3e9395e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。