スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

【PS3】DARK SOULS(ダークソウル)のレビュー

 (´・ω・`)な内容だったことだけは書いておきます(笑)さてその理由とは……
 個人的にデモンズソウルが良かった点はある程度まとまっています。対戦ツールとしても良質でしたし、シナリオに関してはフロムらしく完璧に組み上がっているわけではないけど、その断片感がユーザーの想像を駆り立てるという図式は良かったですね。あくまでこのへんに関しては”だった”的な過去形なのが、今回の作品の最大の減点です。


 まず根本的に今回と前回の違いは、デモンズソウル2.0になれなかったことではないかと思いますね。人によってはこれは続編ではないのだから当然だという理屈を述べる方も出るかも知れませんが、それは大きな間違いです。なぜならば今回の作品はたとえシステムが変わろうとも、方向性が変わろうとも、デモンズが持っていたいいところを大きく失っており、冗長さや適当感が溢れている駄作と言うより失敗作に近い物になっています。


 Ⅰ:バグの存在とバランスの悪さ
 前作が対人ツールとしての完成を見せているにもかかわらず、今回のフロムはいい仕事を放棄しているんですよね……。例えば普通に考えればわかりますが、この世界には平和の歩みに代表されるようなチートが存在します。これらの存在は当然の理として使われるのですが、その結果としてそれ以外が使われない極端さが出てしまっています。対人戦は自分がこうしようやこうしたいといった希望と、攻略的な一種の理性・理論のせめぎあい的なところはあるとは思います(俺はクレイモアしか使わんとか(笑))でも今回の作品はそういったものは存在せずに、攻略的なことをすれば間違いない臭が強すぎて辟易するんですよね(´・ω・`)

 Ⅱ:長すぎる
 実はタイムアタック的なことをするとそんなに長くない本作品ですが、普通にゲームをする人が本作品に触れたらこう思います。


 (´・ω・`)疲れた、長すぎ。


 と。まずこの作品は幸いにデモンズから継承したハードコアな部分が健在です。そのためこの長さでは前作のような調度良さが感じられず、逆に後述しますがボスなどの存在感の希薄さも相まって、非常に冗長感が否めず……なんとも言えない気だるさを感じますね。
 さらにステージも一見するとよさそうに見えます、あくまでグラフィック上は。でも前作をご存じの方は分かるかと思いますが、ラトリアや腐れ谷のようなある要素で恐怖したり嫌悪したりしましたか? していないはずです。そう、今作品では音という要素に対して完璧なまでに無視を決め込んでいます。前作があらゆる五感に対して攻勢を仕掛けてきたのに対して、今作品はとりあえずでかくして薄くしたということですね。そこが長くなったけど面白くない内容になった要因と考えています。


 ( ;∀;)正直、細かいところは上げてもきりがないくらいです。本当になんとも言い用のないくらい残念極まりない作品だけに、次回作はまったくもって期待できない上に、期待する気も失せましたね。はぁ~……、なんでフロムはこんな仕事しかできない会社になったんだろ。いや、元からだったか……。
スポンサーサイト
category
PlayStation関連
genre
ゲーム
theme
DARK SOULS

Comment

Trackback

http://charanporarism.blog116.fc2.com/tb.php/218-651fa9e5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。