スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

【PC】Call of Duty World at War? をプレイしてみた

 太平洋戦争モノの映画を見て、ちょっとそういえば発売前に相当不評を買ったゲームがあったなw と思いだし買って見ました。それがこれですね。簡潔に言えば日本兵の扱い以前のコール特有のクソAIが光に光ってますw
 まず本作品はコンボラ祭全開です。コンボラ祭とはBF2時代にアラブ兵が手榴弾を投げる際にコンボラと掛け声を出しながら投げるため、イコール手榴弾のような扱いだったのです。ということで手榴弾の応酬というよりメインウェポンが手榴弾じゃないかというくらい投げてきます。ただそれはいいんですよね、そこは。問題はそれらを回避しなければいけないのですが、なぜか無敵のはずの味方がどう考えてもプレーヤーの邪魔にナリそうないちにわざと布陣していること(ちなみになぜ意図的かというと、AIは複数人でプレーヤーをガドに閉じ込めて手榴弾が飛んできても投げ返さずそのままでいようとします)。つまりこのゲームは味方を含め目に映るキャラ全員が敵というゲームですね。ちなみにCoD4よりもひどくなっています。


 さらに恐ろしいのはAIは基本的にプレーヤーがいる近くにいる場合には、手榴弾を投げ返さなくなったりします。良く言えばプレーヤー頑張ってゲー、プレーヤーが主役ですが、基本的に私は仲間AI、支援AIはすべてプレーヤーが黙ってコントローラーを握っていればクリアできる状態が望ましい、といよりそれが当然と考えています。今回はこの部分をメインに書こうと思っています。なぜか?(笑)簡単です、それはこのゲームが基本的にカスと言う以外いいところが見当たらないからです(笑)日本兵の扱いがどうのとありましたが、基本的には良くできた太平洋戦争モノFPSだと思います。ただ一部の致命的なカス仕様のせいでかなり劣化してしまっています。


 なぜFPSの支援AIはユーザーが黙っていればクリアできるようにするべきなのかという点ですね。答えは簡単です、それはFPSは基本的にユーザーの技量一つで上にも下にも行くゲームジャンルだからです。ようは自分が主役になりたければAIを押しのけてでも這い上がるのが趣旨の沿っており、そもそもAIを弱体化して邪魔をするなど論外です。ちなみにレインボーシックスベガスのAIはもっと酷く、彼らは自分たちが隠れる場所にユーザーが居ると邪魔だといってきます。皆さん、彼らは味方ですよ?w

 でもそれじゃあ簡単になりすぎてつまんないんじゃ? と思うかも知れませんが、その時は敵を強くすればいいじゃないですか。そもそもの間違いは低レベルのAIをごまかすために敵を弱体化したりしている点でおかしいのです。弱体化するのは敵でも味方でもなく、むしろ強化していくから難易度が難しいになるのですよね。根本的に腐っているのはやはり開発者のようで、個人的にはCoDのような開発能力のない会社は味方などそもそもなくしてワンマンアーミーにすればいいのです。単独戦闘ですね。中途半端にユーザーの受けを良くしようとする姿勢が、こういった程度の低いものを生産させると強く感じます。


 たしかに人間の行動をシミュレートするのは非常に難しいでしょう。しかしそんなことは言い訳になりません。もし作るなら完璧に、できないなら中途半端なことをしてユーザーのストレスのもとになるようなことはせず、潔く無能なので仲間はなしですと発表会で言えばいいのではとしか言いようがないくらい、程度の低いAIでしたね。



 さて、本当にゲーム自体は面白かったです。演出などは嬉しいくらいに劣化CoD4という具合です(笑)しかしながらグラフィックなどはいま見ても十分綺麗だと感じます。非常に残念なくらい残念な作品でしたが、これでCoDの凋落が見えたので非常に嬉しかったですね。いや、CoD4は面白”かった”ですね。
スポンサーサイト
category
PCゲーム関連
genre
ゲーム
theme
PCゲー

Comment

Trackback

http://charanporarism.blog116.fc2.com/tb.php/212-d930971d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。