スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

(〃´・ω・`)ちょっと最近更新サボってましたw ~OBGE Ver3 導入~

 実はOblivionをSteamで購入したんですよ。個人的には64Bitの時点でCS(MOD作成ツール)が走らないという点で、もういいやと思っていたのですが、フルコンプリートの状態でなおかつ3もついてきて1,200円のセールが行われていたので買っちゃったというところです(笑)


 (・∀・)ニヤニヤ いや、これは買いでした。
 今はMODを入れまくっている最中で、特に今までのプレイでは入れていなかったグラフィック改善系を盛り沢山といったところでしょうか。特にOBGEは大きいかなと思います(遠景は入れてないです)。OBGEは個人的に解説文を読んだ限りではめんどくさそうだし、何より難しそうな印象を受けましたね。そのせいで最初はどうしようと悩んでいたところはありますが、入れてみたらそうでもなかった件(笑)


 OBGE導入解説。

 まず完全ド新規でOBGE入れるぜ! なんだOBGEって! って方向けの内容です。まずOBGEっていうのはこういうことです。

帝都商業地区

帝都貧民街

 こういうことです。私も頭はよろしくないので、ざっくり書いたほうがわかりやすいと思いますので、細かいことは抜きでいきます。細かい部分に関しては個々人の興味と探究心が自然と答えに導いてくれると信じて、私が知らないという事実をもみ消すためにここでは書きませんヽ(´ー`)ノ

 (〃´・ω・`)テヘペロw

 さて、まず大前提の頭合わせをすると、今回の目的はOBGEという”光の演出をコントロールする装置(システム)”をインストールして、見た目を大幅に変えてみようとするものです。ちなみにOBGEは演出変更システムなので、単独だと何もできません。そこでその演出内容を決めるファイルと、どのファイルを有効にするかを決めるファイルを入れます。尚、有効化ファイルはTXTファイルなので、皆さんに書いてもらいます

 よって皆さんがこのMODを入れるか悩んだ際に、(私がそうだったように)Wikiの文章を見ると全然理解できないし難しそうだと思っても、他のMODと変わらない点と若干WryeBashというソフトを使う辺りに意味不明感を感じてしまっても、実は使わずに適当にやってもできている私の存在を信じて頂ける方は、導入を検討してみてください(笑)出来る限り分かりやすく書いていますので。



 さて、それではご賛同頂いた皆さんにご説明します。まずおさらい第一弾目はOBGEをインストールするところですね。あくまで第一発目は装置の組み込みなので何も変化しませんでも確認していただくことはありますので、ご注意ください。

 まずOblivion Graphics ExtenderことOBGE(ファイルはOBGE Coreです)をダウンロードしてください。ダウンロードが終わりましたら、解凍なりしてOBSE、Shaders、Texturesの3つのフォルダを好きなようにインストールしてください(笑)好きなようにというのはWikiをご覧頂ければわかりますが、ツールを使って行うか手動で行うかの二者択一になるというのが分かると思いますが、私は半手動です。つまり自分が一番だと思う方法で結構です(後の管理のしやすさなどが変わるとは思いますが)。わかんねーよ、という方は手動でどうぞ(無茶承知でいうなら何かあってもクリーンインストールすればいいので)。


 OBMMにせよ、WryeBashにせよ、直接フォルダごとDATAフォルダに突っ込んだにせよ、たぶんインストールが成功したと思われます。ツールお使いの人はきちんとファイルが入っているのか確認してください。


 それでは一度起動してみましょう。さぁ、さっそく効果がでたようですね。ええ、実はアンチエイリアスが切れるらしいです(笑)構造上AAとは共存できないので。
 それでは次に以下の場所を確認して頂きます。皆さん、それぞれOSやらなんやらで環境が違いますので一概には言えないと思いますが、Oblivion.iniがある場所がわかりますか? 分かる人はそこへいって頂き、OBGE.iniがあるか見てください。あればたぶん大丈夫です。もし分からない人は、Win7ならドキュメント---MyGame---Oblivionにいくとあります。これでも分からない場合には私もわかりませんw XPあたりだと、たしかドキュメントのユーザー(個人が設定している名前ですね)のあとにそれらしきフォルダがあると思うんですよね。いっそ全体検索でファイルごと見つけるのもありです(笑)

 尚、この部分はよく覚えておいてください。もし古参の方ならよくご存知かと思いますが、このOblivion.iniはMODを入れたりしているときに、なんか表示がおかしいなとなったりした場合には削除する時がよくあります。つまりおかしくなったらこれを消せみたいな感じですね(笑)(まぁ、そんな単純な話じゃないんですがw)よってこの場所はよく来ることになるかもしれませんね。



 ここまで来ればもうOKです。というより一番面倒なのはここですね。


 まずこちらにあるOBGE Standalone Effectsを今度はダウンロードして頂きます。そして解凍して頂きましたら、中にあるShadersフォルダ(または中身全部)をそのまま全部突っ込んで頂きます(場所は...oblivion\Data\Shadersですね)。ここは考えなくてもいいので全部入れてください。


 次に全部入れして頂いた効果のファイルのどれを有効にするのかを決めるファイルを書いて頂きます。書き方は有効にしたい効果のファイル名を拡張子込みで書いてもらいます。尚、この作業をするにあたり私の効果一覧も書きますが、絶対に丸写しでほれみたいなことはしない方がいいですよ。この作業はめんどくさがって一気にやると二度手間かかりヤル気が大幅にそがれます。というか画面見た瞬間のガッカリ感がすごすぎてマジで凹みますよ(失敗した時も含み(笑))。
 そのためやり方は1つずつ吟味して調整をしていく感覚で一行一行書いては確認をしてを繰り返します。大丈夫です、一気に書いてやり直すよりも楽ですから(上辺だけで判断して痛い目を見る典型例ですw)。

 有効化するためのファイルは shaderlist.txt で、たぶん先ほどのシェーダーフォルダに入っているとは思いますが、なければ同じファイル名で作ってください(テキストファイルですよ)。


 さて一応目安用に私のファイルの中身を晒します。

Godrays.fx
Volumetric_SSII.fx
Ring_SSAO.fx
Volumetric_SSAO.fx
HLSLbleachbypass.fx
HLSLColorGrading03.fx
MLAA.fx
CelShader+EdgeAA.fx

 これだけです。ちなみに一応先に断っておきましたが、効果がどうなるかを別にすればコピペでも動くは動きます。尚、効果についてはこちらで解説していますのでどうぞ。

 私の分を解説~。

Godrays.fx --- 光が間からブワーっと出ています。画像のあれですね。
Volumetric_SSII.fx --- 光が当たっているであろう場所での反射光を演出します。
Ring_SSAO.fx --- 環境光が遮蔽され、暗くなっているであろう場所を演出します。
Volumetric_SSAO.fx --- 環境光が遮蔽され、暗くなっているであろう場所を演出します。
HLSLbleachbypass.fx --- 白とびを抑えるようなコントラスト効果を付与します。
HLSLColorGrading03.fx --- 褪色(=たいしょく)させます。
MLAA.fx --- Anti-Aliasing 効果を再現します。
CelShader+EdgeAA.fx --- エッジライン(縁・輪郭)に対して演出を行います。

 ※一部効果が重複していますが、これは今の段階では重複させるとどうなるんだろうというものの名残です。たぶん今後は消すかもしれません(軽くなるので)。ただ正直私の眼が悪いせいもあり、たぶんこれってここだよなみたいな、確証もない感覚で導入しているので消そうにもいまいちそういう気分にならなかったりしています(笑)まぁ、でもこれは個々人の感覚ですからね。


 さぁ、どうでしょう? 一個ずつ入れた人、一気に入れた人、様々だと思いますが……成功したと思います。たぶん成功しなかった場合には、どうしてそうなったかはワカリマセン(笑)ただ特に顕著に影響が出たのは効果ではなく、フレームレートでしょうね(笑)私はガタ落ちしました( ;∀;)

 ちなみに効果の面だけで言うならGodrays.fxが一番効果がわかりやすいのかなと思います。なんといっても上の画像でもお見せしましたが、光の漏れい出る感じは神々しい限りですからね(笑)ただしわかりやすい反面、若干鬱陶しい感じになってくるので、必要ないと思った時はテキストファイルから削除すればいいですしね。
 ちなみに私の環境ですとCrysisDoF.fxなどのクライシス関係の効果がどうにも変なんですよね。上手く効いていないのか、私が間違っているのかわかりませんが……なんか変です。


 最後に。一応ここまで開設させて頂きましたが私も素人なのでよくわかっていません。なのでコメントなどでここってどうなのと聞かれてもお答え致しかねます。しかしいろいろ先人たちが一生懸命時間を費やし書いて頂いた資料などはあると思いますので、頑張って見つけてください。それでは皆さんによりよいMODライフがあらんことを!(笑)


 尚、大丈夫だと思いますが……石畳などがゴツイのは別なMODですのであしからず。まぁ最初に光をコントロールするMODと書きましたし、大丈夫だと思いますが。




 ■スーパー余談■

 どうも2chのMODスレでOBGEのコントローラみたいなものがあります。私はその域にまで踏み込んでいませんが、もし気になる方はOBLIVION SS/MOD晒しスレへどうぞ。尚、もしJaneなどお使いの方ならアドレス貼りますので、落ちている場合は次スレ拾って確認してください(尚、ソフトの話題が出たのはそのスレです)。

http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/game/1312366294/

 尚、そのスレの中でも言われていますがOBGEはたしかに他のMODに比べてわかりづらいところはありますね。ただ思うのは全体的にOblivionのMODは、おそらく制作者の方が善意を持った方ばかりなので、非常にわかりやすくテキストを書いたり、フォルダをきちんと整えたり、OMOD化したりしてくださっています。それから比べればいささか難易度は上がってますが、正直Oblivionの環境がぬるすぎるんだよと思うことも多々あります(笑)いやはや、本当に制作者の方々には感謝感謝。


 ちなみに今のところ先程の石畳がごつくなるMOD一覧など含めて、フレームレートは30から30後半くらいで動いています。三人称にすると自分を演出するせいか若干フレームレートが落ちますね。ちなみに昨今は60くらいが普通になりましたが、目が60に慣れると30はかなりきついですねw 無意識に処理落ち感を感じで違和感が凄いことに(笑)

 (〃´・ω・`)テヘッ なんだか昭和生まれの私も若干ナメたことを言うようになったようです(ブラウン管で育って、SD画質が人生の半分以上なくせにとww)。

 ブログランキングに参加していますヽ(´ー`)ノ よろしければクリックお願いします → 
スポンサーサイト
category
PCゲーム関連
genre
ゲーム
theme
PCゲー

Comment

Trackback

http://charanporarism.blog116.fc2.com/tb.php/190-329a8401

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。