スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

【映画鑑賞】シアーシャ・ローナン嬢主演のハンナを鑑賞したのはいいんですが……

 残念すぎて言葉もない! としか言えません(笑)シアーシャ・ローナン嬢は近年稀に見るとんでもない美少女ですけど、それを上回るハンナの監督さんの何したかったの感……。残念極まって、酒と睡眠導入剤の同時服用して寝るところでした。
 特のどこが残念だったかといえば、まず根本的なハンナの秘密が、え? 60年代の設定でも引っ張ってきましたか? (もちろんそれは言い過ぎですよw)というくらい陳腐化された設定というところ。挙句の果てにそこまで劇中の描写で凄いとは思えないというから救いがない。もしこの世に主・イエスがいても見て見ぬふりして遁走するんじゃないかと心配です。


 さて、さらに困るのはこれだけ主演の女の子が綺麗なのに、そしてお父さん役の俳優さんも(個人的に大好きなくらい)イケメンなのに……まわりのキャラが微妙すぎる上に、キャラクターがいまいち立ってない。これは一体どうすればこうなるのか、わかりません。とりあえず流れもそうなんですが、いまいち***していない部分が多すぎて、全体的に失敗した日本食状態(味気ない上に出汁も効いてないみたいな)。

 もし私が変えるならばせめて設定を変えないのであれば、もう少し戦闘シーンに驚くような映像効果なりアクションを入れて、あぁこの女の子とはとんでもない戦闘訓練を積んだ少女なんだな! そういえば冒頭で訓練を受けていたからなのかな? それにしても強ぇなぁ……なぜなんだろうと持って行きたい。若干ネタバレになりますけど、特殊な才能は日頃の訓練の賜であって生まれ持った物じゃないんじゃないかと思ってしまうので、設定が生きていない気がするんですよね。あとこの映画は描き方に特徴があるのか知りませんが、残念ながら気持ち悪くはなりましたが、芸術性は感じませんでした。あれなら渦巻きを書いた皿を回して、半日くらい睨めっこした方が芸術性を感じるのではないかと思えます。



 せっかくなのでサルバドール・ダリあたりでも学び直して、試してみようかな。


 嫌味はこのへんにして、全編にわたって微妙の嵐が吹き荒れるハンナですが、確実に言えることはシアーシャ・ローナン嬢は極上の美女です。特に雪原が驚異的に映えますねヽ(´ー`)ノ





 最後だけ見たら、完全にアイドル系DVDを見た感想文じゃないか……? 堕ちたな、私も(何

 ブログランキングに参加していますヽ(´ー`)ノ よろしければクリックお願いします → 
スポンサーサイト
category
映画・読書感想文
genre
日記
theme
日記

Comment

Trackback

http://charanporarism.blog116.fc2.com/tb.php/188-595b7173

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。