スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

任天堂の3DSの値下げに関する私見

 たぶん2万で買った人は見ないほうがいいんじゃないかと思います。アンケートが4亀で行っていましたので、その内容と同じ事を書いています。改めて言いますが、私は持っていませんし、後述しているように買う気もあまりありません。さらに任天堂の信者でもない私の私見です。



 だいたいこういう感じで前振りしておけば、チラ裏乙的な感じでいい具合になってますね(笑)では、書いてみます。
 まず基本的なスタンスとしては、企業が最良と判断したことを行使することに一切の疑問を感じないという点。つまり本件では任天堂が3DSに危機を感じ、なおかつ任天堂の株式などに影響が出ることなどは好ましくないなどの判断が働き、値下げを行うというのは企業の活動では別段普通の事ですよね? たしかに今回は発売から半年も経たない中での値下げですし、精神的な話で言えば分からない話ではないです。


 しかし根本的に買うという判断をして、自分の資産の中にこの工業製品を入れる決断をした以上、その後の資産価値の低下は自己責任だろというのが、やや大げさですけど私の私見です(笑)併せて言うならば、今回の値下げで販促活動が実を結んでいい方向に流れれば、私はいいと思いますね。全体の販売台数が伸びればソフトなども活気が出ると思いますし、それによる恩恵をユーザーは受けるわけですからね(もちろん好みの問題はありますが)。


 私は今回の件で一番思うのは、企業は暇な人に娯楽を提供するボランティア集団ではなく、冷血無比な利潤追求集団だということを忘れてはいませんか? ということ。企業には労働者がいますし、彼らは賃金を求めて労働しています。更に言うならば企業はユーザーのものではなく株主の所有物です。彼らへの配当も、労働者の賃金も製品の売上から来る利益から出されています。だから私は企業は冷徹な利益の追求者たるべしと考えます。愛と理想で労働者が雇えるならいいんですけどね。


 企業よりの意見だと指弾を受けることもあるかと思いますが、別に任天堂の株式を持っていないので味方はしていません。むしろ味方するとしたら私は持っているゲーム機の状態からソニーかマイクロソフトになります。任天堂を庇い立てする理由はありません。


 ただ人間の気持ちの問題になれば、若干の可愛そうだなと思うところはあります。さすがに私もいくら売れていないとは聞いていましたが、1万円近く下げるとは思いませんでしたし、もし買う意識があれば今回の値下げの影響は被っていたと思います(だいたい新ハードは発売日買いなので)。でもこの件に関しては消費者は今後任天堂を支持しない立場を取ることはできますし、資本主義の社会に生きていて、少なくとも自分のお金でそのハードを買うくらいの歳ならば、それくらいは理解できると思います。文句も言いたいだけ言えばいいと思いますしね(笑)




 久しぶりに結構大きなびっくりニュースを見ましたが、なかなか今後の展開から目が離せなくなりますね。
スポンサーサイト
category
日記
genre
ゲーム
theme
ゲーム

Comment

Trackback

http://charanporarism.blog116.fc2.com/tb.php/177-2e5e40db

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。