スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

オックスフォード英語辞典にネット用語「OMG」「LOL」

 あの伝統ある……かどうかは存じ上げませんが、オックスフォードの英語辞書にネットスラングが掲載されるようです。掲載されることになった単語は……

 OMG……Oh My God(なんてこったい!)
 lol……laughing out loud(クソワロタ)
 
 この二つは結構見ますね。特にlolなんて日常会話の単語としか認識していないくらい頻出しますが、でもこれって結構イメージ的には悪い方の単語じゃなかったかなと。気のせいならいいんですが、ニュアンス的にはm9(^Д^)ぷぎゃー なイメージがw
 
 他にも私は見たことがないんですが、FYI(for your information:参考までに)、IMHO(in my humble opinion:私見ですが)、TMI(too much information:情報が多過ぎて混乱状態)、BFF(best friends forever:ずっと親友)などが掲載されたようです。

 ネットスラングは海外でも日本でもあるようですが、コモディティー化じゃないですけど一般の会話にもどんどん浸透してきていますよね。日本でも例えば(スラングではないですが)AAや顔文字なんかは典型例なんじゃないかと思います。いいか悪いかはさて置いても、今後はどうなっていくのか気になりますね。
スポンサーサイト
category
ニュース関係
genre
日記
theme
日記

Comment

Trackback

http://charanporarism.blog116.fc2.com/tb.php/17-cc2a73cb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。