スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

以前友人のBlogにコメを書いたネタ

 BF1943というDLCタイプの販売形式を取った作品で、アメリカ人を含む外国人は日本軍を選択し、さらに日本刀でBANZAAAAAAAIと雄叫びをあげながら抜刀突撃するのがブームだというの書いたんですね。で、当の日本人は当然有利な自動小銃などを使って戦っているw

 これって皮肉ですよね。現代では趣味の範囲で抜刀突撃やら半自動小銃でもって戦うわけでなんですけど、当時は物資がないから抜刀突撃せざる得ないし、アメリカ軍は猛烈な鉄の弾幕を張れる工業力があったから、半自動小銃や機関銃の弾薬消費量を支えられたし、大量の武器で武装して勝利したわけですよね~……あ~、皮肉。今回はそんな話。

 つづきにある動画が張ってますので、それでも見てアメリカ軍の防御火力の凄さをご堪能ください。
 と思ったら外部無理らしいのでリンク張っておきますね。こちら


 まぁ、とにかく動画中にあふれるありったけの防御火力。機関銃、マキシマム機関銃? が一斉に火を噴き、夜襲を行った日本軍の頭上に燦然と輝く照明弾……これで勝てるというのは無理がありますよね(笑)正直米国の工業力はチート級なのは有名ですが、基本的に忘れてはいけないのはアメリカの工業力が凄いだけではなく、そうなる理由・下地があることですよね。ただバカ単純にアメリカは工業力があるだけでなら、今頃まで王者の面しているわけないですよね。なれる理由があって、今も続いているわけですから。

 さて、そんなアメリカの工業力が凄いというエピソードの一つに、有名な戦車シャーマンの逸話があります。これはアメリカを代表する有名な戦車ですが、いろいろな国に供与されていますね。レンドリース法です。で、この戦車は当然現代人の我々からすれば”エンジンは***型エンジンを搭載している(キリッ”なんて話になるんですが、コイツの恐ろしいところはエンジンルームがキチ過ぎて、航空機用の星型エンジンまで詰める点にあります(付け加えるならトラック野郎用のエンジンまで搭載可)。

 ※星型エンジンとは……普通はよく並列何気筒とかいいますが、星型は中心軸にシャフトがあって、それを中心点にし円形をなすようにシリンダーが配置しているタイプ。正面からみると本当に円形。

 お陰様をもちまして、タンクオブザイヤー何年連続No1とかCMやっちゃいそうなくらいの代物ですよ。おかげで他の連合国軍にくれてやれるほど製作され、某ドイツ軍人は一目見てこいつは狩れると思ったそうなんですが、敗因を聞くと何台倒しても湧きに湧きまくるので対処しきれなかったと言わしめるほど。戦争は物量だけじゃないですが、物量を生かした戦い方をするとこうなるという良い事例です。たまにいますよね、反抗期みたいに美しくないとかよく分からない言いがかりをつけて物量を否定したがる人が。実に浅い。ちなみにそんなシャーマンは45年までに約5万両が製造されたとか。


 私なんかは物量戦の信奉者なので(というよりどちらかと言えばソ連?)、ありったけの砲兵火力によって援護された歩兵部隊を前進させ、当然機甲戦力も突撃させると。砲兵は戦場の女神様ですから、かならずや勝利を与えてくださいます(笑)だいたい現代ならまだしも第二次世界大戦やその前の戦争では小銃の火力なんてたかが知れていますからね。戦線を突き崩すなら砲兵火力+機甲戦力でもってブッチ抜くと。ついでに相手の防御火力を超える衝撃力で以て抜くので、若干飽和攻撃臭はしますけどね。昔、コサックスのシナリオで小高い丘のうえに築かれた要塞を落とすミッションで、大量の屍を積み上げて勝利したのはいい思い出ですw ゲームシステム上、大砲を破壊するには時間がかかりすぎるので、兵力差20倍くらいで一気に攻めかかりました。最初の突撃は圧倒的な防御火力で粉砕されましたが、次は飽和しきったようで抜くことが出来ました。

 私はあまり攻撃は得意ではないので、防御ばかりすることが多いですが、そんな時でも圧倒的な火力を以てすれば必ずや守りきれると信じています。まぁ、浸透戦術とかされるときついものがありますが(笑)


 BFシリーズでラッシュってありましたよね? あれでいつも思うのは衝撃力とか、浸透とかを知らない人間がただ闇雲に攻めると、こうも酷い結末になるんだなって思いましたね。私は防御している人間が浸透とかされるとどれくらい嫌かは自分が良く知っているつもりなので、可能なかぎり浸透します。さらにはスピーディーな攻撃は考える暇を奪われるので嫌というのも知っているので、出来る限り電撃的に侵攻します。でもたまにいるんですよね、遠くであたりもしない射撃をして狙撃されて死ぬ人とか……。

 (´・ω・`)非常に残念な死であります。

 たぶんBF3でもそういう光景に出会うとは思いますが、ゲーム自体は非常に楽しみなので期待して待っていることにします。

 いろいろ乱文乱筆で申し訳ないんですが、こんな感じです(笑)
スポンサーサイト
category
歴史系
genre
ゲーム
theme
PCゲー

Comment

Trackback

http://charanporarism.blog116.fc2.com/tb.php/154-73d97bee

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。