スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

自作PCについて書いてみるの巻

 かなり簡単にまとめているので、概ねって感じで見ていただければ結構です。対象は今から自作に興味を持った方デス。
 はっきり言えばオススメはしないですね(笑)なぜか? 手間がかかる(恐ろしく)、カネがかかる(保証がないので費用は全負担)の二つが大きいかなと思います。特にマイナートラブルはそれなりに多いかなと思います。実際BTOとか流行っていますけど、あれなんか中身がというより、中に入っている部品の粗末さが泣けてくるくらい酷いですし、あんな部品を使っていた長い間壊れずやっていけるのか不安で仕方ないですね。

 ようは自作をするっていうのは、金も手間もかかるなか、BTOという手頃感が凄い製品を尻目に、最大限の自己の思うがままの性能を追求出来、それを自分の手で具現化してみたいという変態以外にはまず勧められないんですよ(笑)おまけに性能は別に演算能力だけじゃないので、例えば静音PC、ビデオ特化型のAVPCなどなど。そういう物をプラモデルより簡単なPCの組み立てを偏見と先入観で遠くに押しやった方もいるかと思いますが、それは勿体無いですよね。むしろ変態じゃないならいいんですが、変態であるならば、PCに詳しくなるチャンスを物にしたいなら絶対に自作はおすすめです。BTOなんか買ってもあんな不良パーツの山を見ても、変態の下腹部は元気になりません。


 好きなだけ、狂うくらい自己の追求とあくなき探究心を胸に羽ばたくなら自作です。


 自作PCではまず問題になるのはマイナートラブル以前に初期不良。これは避けられませんので、最初は出来るだけ一つのお店で買って、何かあった際にはすべてにパーツはあなたのところから来ています、つまり不良がいずれの箇所にあってもあなたの店舗の問題ですとします。これが複数に跨っていると逃げる店舗もいるそうです。

 あとは特に気をつけたいのが静電気など。これでパチッといったら全損です。さらに部品選びでソケットなどの規格を勘違いしていれば、その時点で終わりです。使えないパーツはあとで買い直しです。


 真の変態を目指すのであれば、ある程度学ぶところはあるわけですね。そういうめんどくささはあります。でも皆さんは見たことがあるはず、痛キーボードや全面透明アクリルケースのなかに青色LEDにライトアップされたフィギュア、それもビデオカードの上に愛おしい姿で鎮座する姿を。

 あれが心の自作道ですね。ええ、嘘ですがw


 適当にまとまりのない文章を書きまくりましたが、まぁ結論的にはメンドクセーとか思うならやらないほうがいい。でも凄いPC作りたい、望む機能を自分で決めて作りたい、変態になりたいなら間違いなく自作です。私なんて触発されて痛箱○つくろうと計画しているくらいですからね。


 ええ、これが真の自作PPC道です。
スポンサーサイト
category
PC関連
genre
ゲーム
theme
PCゲー

Comment

Trackback

http://charanporarism.blog116.fc2.com/tb.php/150-88875669

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。