スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

面白い検索ワードがありましたので書いてみますね ~Imperator 読み方~

 いわゆるラテン語の単語で皇帝を意味するImperator/インペラートルの発音が知りたかったんですね。でもこれって個人的に面白いなって思ったのは、基本的に英語しか学ばない高校までの学生、最終学歴者にとっては鬼門ですよね、ラテン語よみって。英語とは単語レベルでは似ていても(と言って英単語の7割?がラテン語経由)、文法とかは違いますからね(笑)

 ラテン語で読み方悩んだときは……
 とりあえずローマ字読み。気をつけるべき点は長母音と短母音。これは実際調べないと分かりません。見分けをつける方法は誰かが書いた文章で母音の上に記号が載っていたら長母音(アー、イー、ウー、エー、オー)くらいです。実際問題、ラテン人達はどうやって初見の単語を読んだんだとw まぁ現実的な話として知っている人が指摘してくれるので、最初は適当に読むんでしょうね(笑)

 さてそれなので今回のImperatorはインペラートルと、ラーの部分が長母音化している以外は、ローマ字読みでなんとでもいけます。ただ発音の本を読んだんですが、Rは英語とかと同じようなRの発音なのでラ行で表現していいのかは不明です。発音間違って覚えたかな……。

 あとは有名所も載せておきますが、AQUOSという一見ラテン語を思わせるようなふざけたブランド名を持つシャープさんのTVありますよね。これはAQUA/アクアという水を意味するラテン語とクォリティーという単語を合わせたらしい造語です。ええ、オスはどこから来たと。
 あとはラテン語のブランド名を探して出てきたsubrideo/スブリデオという微笑みを意味する単語ですが……最近のラテン語は長母音と短母音を区別しないで読む傾向があるので、それを取り入れているのか分かりませんが……辞書では一応最後のオが長母音なのでスブリデオーだったりしますね(その理屈でいうと先程の皇帝はインペラトルでも可なんですよね。慣れなのかインペラートルじゃないと違和感がw)。


 ちなみにどうも似たような単語でVimperatorというのがあって、こちらは火狐関連の単語でラテン語ではなかったです(笑)読み方はヴィンペレーターというそうなんですが、ラテン語なら確実にウィンペラートルだと思いますね(笑)(尚、教会式ならヴィンペラートル、お好みでどうぞ)
 う~ん、意外とラテン語って興味をもつ方はいても実際の情報として書いている人って少ないんですね……。ま、ガチのマイナー死滅言語ですからね(笑)


 ブログランキングに参加していますヽ(´ー`)ノ
 よろしければクリックお願いします → 
スポンサーサイト
category
日記
genre
日記
theme
日記

Comment

Trackback

http://charanporarism.blog116.fc2.com/tb.php/135-18b6485d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。